注文住宅

傾斜地の家

面積:

180㎡

エリア:

兵庫県

内容:

阪急御影駅の山手、30°近い急斜面に建つこの住宅は、地下1階から地上3階まで4層の立体的フロア構成を持ち、階ごとに変化する劇的な眺望と、メインフロアでの「星のテラス」が主たるテーマとなっている。斜面の方角・眺望の開けた東側に向けて設けられた、高さ8mに及ぶ3層分吹抜けの開口部、周囲の大半を閉じられた外壁上部に縁取られた空、夜のテラスは近隣からの灯りを遮られ上方の星空へと繋がっていく・・・屋内から屋外への連続性、光と風、そして風景や空までも内包した静けさの宿る外の居間、都市の住宅地であることを忘れさせるほど、心地良い自然との一体感をもたらしている。

東側の庭からの夕景。開口部の内側に組み込まれた3層のテラスは、囲周の視線から護られ、上方に切りとられた空と繋がっていく。

東側の庭からの見上げ。高さ8mに及ぶ3層分吹抜けの開口部は、広間から最も素晴らしい眺望の得られる方向に設定されている。

3層分吹抜けの開口部から、囲い込まれ、重層するテラスを見上げる。

30度近い傾斜地の上方より見る。

広間から外のテラスに出ると空間は垂直の広がりを持ち、3層分吹抜けの開口部からダイナミックな眺望を楽しむことができる。

最上階に設けられたミニマルでちょっとレトロなの主寝室。正面の窓からは、遠く大阪湾を望むことができる。

洗面所からバスルームを見る。フレームレスのガラススクリーンで仕切られている。

この住宅事例を手掛けた建築家

平賀 久生

建築家 / @広島県

一件ごとに異なる個々の敷地条件の中で、住む人に固有の「夢」を「かたち」にすること…それがProfessionalだと考えています。

平賀 久生さんの住宅事例

平賀 久生さんのそのほかの住宅事例

この住宅事例に関連するキーワード