注文住宅

高倉通りの家

エリア:

京都府京都市

実施時期:

2011年

内容:

施主の祖父の代に旅館を営んでいた町家の母屋を建て替え、離れを増改築しました。
広い敷地の北側と東側は、賃貸駐車場として利用されていたため、住宅部分の敷地を増やし、新築と増改築のふたつの敷地に分けることができました。増やした敷地の道路側に施主の家を新築し、奥の敷地には、既存の離れを増築して施主の母親が住む家にリフォームしました。この離れは、既存不適格の構造でしたが、今回構造的に補強し、増築の確認申請を行いました。
新築の家は、居間の吹抜を中心に各部屋を配置し、光と風が通り抜けるプランになっています。コンパクトながら視線が通ることにより、とても広く見える家になりました。増築した親世帯の家は、既存の2階建の離れを取り囲むように平屋を増築し、日照の条件の悪さはトップライトにより採光を補っています。
親世帯と子世帯の住宅が庭を介してつながりを持つ関係になり、今後の生活の展開が楽しみです。

この住宅事例を手掛けた建築家

荒川晃嗣

建築家 / @京都府

建築は単なる造形デザインではなく、関係性のデザインであると考えます。人間 との関係、環境との関係、社会との関係などさまざまな関係性を模索しながら、 ある方向性を見出すためのデザインです。関係性を模索するのに必要なのが、コ ミュニケーションであり、その集積の結果として、ひとつの造形物が建築される のだと考えます。そして、そのようなコミュニケーションの集積を行うための、 目や耳や口などを持つ人間を建築家というのでしょう。

荒川晃嗣さんの住宅事例

荒川晃嗣さんのそのほかの住宅事例