二世帯住宅

高津の家

費用:

坪75万程度万円

実施時期:

2011年竣工

内容:

旗竿型の狭小地に建つ完全分離型の二世帯住宅。南北に設けた小さなテラスに穿たれた大きな開口は、一階と二階の中間の高さに設定され、ほどよく視線をコントロールしつつ、上下階に採光・通風を最大限供給しています。親子で光と風を共有する家です。

二世帯の共用エントランス

二世帯共用のエントランス.法的な諸条件をクリアしつつ,限られた旗竿敷地を最大限利用するため,屋外としていますが,背の高い黒壁で囲い,背の高いゲートのような開口をくぐり抜けると白い壁とすることで,同じ家に入る感覚を演出しています.

旗竿側から見た外観

旗竿敷地の二世帯共用エントランス.二世帯共用を象徴する大きな開口と,赤錆の鉄扉が印象的なファサードです.

明るい一階のリビング

親世帯が暮らすリビング.旗竿敷地の一階という条件の悪い中,南北にセミプライベートなテラスを取ることで,プライバシーを確保しつつ最大限の明るさと通風を確保しました.

スキマの書斎

リビングからウォークインクローゼットに入る通路に設けられた書斎コーナー

親子で光と風を共有する開口1

南側のテラスの外側に建てられた壁には上下階の中央に1階分の高さで開口が開いています.旗竿敷地の中で光と風を最大限取り込みつつ,プライバシーを保つ役割を持っています.

親子で光と風を共有する開口2

南側のテラスの外側に建てられた壁には上下階の中央に1階分の高さで開口が開いています.中から見るとほどよく視線が遮られて,旗竿敷地の中で光と風を最大限取り込みつつ,プライバシーを保つ役割としています.

スタジオのようなリビング

クライアントが長年集めてきたアンティークサインを飾った白い壁の裏は,床の段差を最大限使って容積を確保した寝室と収納と書斎が詰まっている.