昔の記憶にある古材や古建具、アンティーク照明やガラスを使った、カフェ併設の古民家をイメージ。焼き菓子がスゴイ!

注文住宅

小春とCafe'

手掛けた建築家

設計、監理、プロデュース・コーディネート、インテリアを担当

小春とCafe' (カフェエントランス)

カフェエントランス

カフェへのエントランス 左が住宅土間

小春とCafe' (南外観)

南外観

右がカフェ、左がお家 お家部分のプライバシーへの配慮

小春とCafe' (カフェ看板)

カフェ看板

カフェpoche看板 古い照明使用

小春とCafe' (ファサード)

ファサード

板張り部分がカフェ

小春とCafe' (土間上部)

土間上部

お家土間・居間上部 古材梁にガイシ使用配線の照明

小春とCafe' (居間と階段)

居間と階段

古材大黒柱と古照明

小春とCafe' (居間)

居間

上げ下げの出来る古い照明と高窓

小春とCafe' (土間)

土間

土間からカフェ・階段をみる

小春とCafe' (キッチン)

キッチン

ステンレスだけのシンプルな流し台と丸タイル

小春とCafe' (工房兼寝室)

工房兼寝室

右奥は屋根上バルコニーの寝室兼工房 古い扉やステンドガラス

小春とCafe' (浴室とバルコニー)

浴室とバルコニー

ハーフユニットと丸タイルの浴室と屋上バルコニー

小春とCafe' (カフェカウンター)

カフェカウンター

古い照明と扉利用

小春とCafe' (カフェ)

カフェ

小さなカフェ 右ガラス戸奥が焼き菓子工房

小春とCafe' (カフェ)

カフェ

焼き菓子がスゴイ!

小春とCafe' (東側外観)

東側外観

カフェのデッキは船首の様

小春とCafe' (土間)

土間

土間はコンクリート打ち金ゴテ仕上げの犬足跡仕上げ

写真の説明を固定表示

(OFFのときは写真にマウスオーバーで表示)

いい家!
2

この家がいいと思ったらクリック!

手掛けた建築家

設計、監理、プロデュース・コーディネート、インテリアを担当

用途

店舗併用

居住者

その他

所在地

福島県福島市

敷地面積

151㎡

敷地の特徴

三角地

延床面積

86㎡

階数

2階建て

間取り

3LDK

期間

設計:4ヶ月 、施工:5ヶ月

完成時期

2005年08月

手掛けた建築家のコメント

設計、監理、プロデュース・コーディネート、インテリアを担当

三角形敷地の床面積26坪建築に、小さなカフェと工房そして住居をちりばめる

家づくりのきっかけ・施主の要望

古民家風の建築を目指し好きなようにい家を建てたい!そしてカフェを開業

この事例の見どころや工夫したところ

古材構造材、古建具、古照明、古ガラス等使用
そして材料にこだわり、クロスは使わないでローコストの工夫

施主の感想

本建築プロジェクト経過漫画が単行本出版される
「結婚する予定もないから、好きなように家建てちゃいました。 」著ひぐちにちほ

事例の進み方

土地探しから携わる

印象に残っていること

クライアントの情熱がローコストを実現

設計コンセプト

この時代に、ものを大事にし、人を大切にする空間を造る。 絵を描き・菓子を造る夢ある二人が家を造る。望みは・・昔の匂いのする、ほんわかとした家。
 これまで二人はいろいろな個性的な家のアイテムを集める。それらはみな昔の記憶を思い出させ、体の何かを呼び起こす。
 それを使っての家造りは物にあふれ時間に追われる僕達に、忘れかけてるゆっくり流れる時を思い出させる。
 綺麗ではなく、魂をゆさぶるような、ほんわかとした建築になれば良い。

パース/模型/CG/スケッチなど

いい家!
2

この家がいいと思ったらクリック!

この事例のコンセプト

この住宅の写真

手掛けた建築家

対応業務

注文住宅、リノベーション (戸建、マンション、部分)

所在地

福島県福島市森合字西養山15-1

対応エリア

宮城県 / 山形県 / 福島県

目安の金額

30坪 新築一戸建て

1,980〜4,500万円

60平米 フルリノベ

1,200〜3,000万円

資料請求

専門家のことをもっと知るため、まずは資料請求してみましょう。作品集やカタログ、会社概要など、資料の内容については専門家にご確認ください。

こんな相談ができます(匿名)

住宅事例や対応エリア・金額感についての質問や、打ち合わせの日程や内見同行の相談など、匿名で問い合わせ可能です。

遠藤知世吉さんのそのほかの住宅事例

もっと見る

この住宅事例を見ている人におすすめ

もっと見る

手掛けた建築家

遠藤知世吉

@福島県