戸建リフォーム・リノベーション

高崎S邸・高気密高断熱化・暖かく生まれ変わった家

実施エリア:

群馬県高崎市

築年数:

40年

内容:

築約40年の平屋建物を、温熱環境、耐震を中心に改修しました。
将来を見越し、玄関までをスロープ化しバリアフリーとしています。断熱材充填のため、外壁を剥がし筋交合板を付加し貼り替え、全面基礎断熱化しています。
手入れの行き届いた既存建物は、古いながら趣が深く、改修を実施する価値のある建物。既存との調和を様々に検討し、細かな事を丁寧に考え計画しています。写真には現れにくい小さな事柄は、建物を大切にされている建主様と共に検討されました。

食堂

既存キッチンを使いながら、明るく広い空間を確保しています。正面奥は外に繋がる納戸とし、その脇に新しいユニットバスがあります。床下暖房により、飾らないが暖かく快適な生活を演出する様検討しています。

リビング内の床の間コーナー

床の間コーナー。
広い空間を確保しながら、小さな部分に意匠を凝らします。構造上優位になる様床柱を設置し、天井材を曲線状に床まで下ろした意匠としています。開口部は明るいポリカーボネイト板入框戸として、廊下側に光を取り込みます。

リビング1

食堂から居間を観る。
台所と和室の間仕切り壁を撤去しワンルームにします。床下電気式蓄熱暖房を採用し、床上にはなにも無い広い空間を確保しました。床のガラリから暖かい空気が部屋全体に行き渡ります。

リビング2

居間から食堂を観る。
コストを抑えて、使えるものを残し、新しくすべきものを新しくする。
壁:珪藻土塗り、床:複合フローリング貼、天井:杉板無節貼として、全体を明るめの色合いで統一しています。数年で元のものと馴染むはずです。

廊下1

奥側から玄関を観る。既存を活かしながら、床、壁、照明器具を更新しています。床下は全面断熱材+コンクリートを打設し、耐久性も向上させています。

廊下2

水回りを新設(写真左側)し、2wayの開口部を設けています。既存トップライトが明るく雰囲気の良い廊下となりました。左側上部の梁は新設し、既存建物の補強をしています。

洗面・脱衣所・トイレ

快適な水回りのために、明るく広い空間を確保しています。既存改修という様々な制限の中、WCと脱衣室が行き来出来る間取りは、極めて快適で融通の利く、良い間取りになっていると思います。