注文住宅

中庭を囲む高気密高断熱住宅・T-HOUSE morioka

面積:

208㎡

築年数:

2016年

エリア:

岩手県盛岡市

内容:

山裾の傾斜地に位置し、眺望を取り入れながら、プライバシーを保ちつつ、庭を囲むように計画された住宅。
寒冷地、積雪のある地域で、高気密高断熱の夏涼しく冬暖かい家を、現地の気候や仕様に詳しい工務店チームと協力し、施主様の望まれたモダンなデザイン・納まりを実現させたものです。

きっかけは、現地で高気密高断熱住宅を自社で行っている工務店に、モダンな暖かい家を相談されたことが始まり。

主な要望は、お気に入りのソファが置ける広い家、プライバシーが保たれる中庭のある家。車は2台+バイク1台を並列。

特に工夫した点は、現地の仕様を依頼主の望むモダンなデザインで実現するための納まり検討。中庭を囲む平面構成で、可能な限り高断熱の暖かい家を実現するための平面計画、設備計画、断熱計画。

完成後は、暖かく全くストレスが無い、思い残すことは何も無くとても満足しているとの感想を頂いています。

外観(東)。母屋2階が目立たないよう、全体のレベルを抑えている。
外壁の仕上げは質感を重視し、奥の母屋は金属系サイディングとしながらも、手前は窯業系サイディング+弾性リシン吹きつけとなっている。

外観(南東)。母屋2階が目立たないよう、全体のレベルを抑えている。水平ラインを強調したデザイン。

外観(南)。植栽が効いています。

外観(南)。植栽が効いています。

外観(南)。建物全体がまとまって見えるように全体の高さ設定に工夫をこらした。道路から屋内は見えず中から遠くの山並みが見える高さとなっている。

外観(東)。ガレージ+ポーチの門型のフレームの見せ方に工夫をこらしている。

左は玄関ポーチ。ガレージとポーチは裏動線で繋がり、間に物置がある。

玄関からLDKを見る。磨りガラスを透過した光が優しい。右は玄関ホールと同じ大きさのシューズインクローゼット。

施主が要望された、大きなソファが置ける中庭に面したリビング。ソファがとにかく大きいので、プランニングに苦労しました(^^)

リビングからダイニング・キッチンを見る。

壁でコの字に囲まれた中庭。道路側の壁は、視線を遮りつつ遠くの山並みが見える高さとなっている。

ダイニングからリビング、中庭を見る。左は玄関ホールへの扉。

ダイニングからリビングを見る。左側に中庭が見えている。

キッチンから、リビングダイニングを見る。キッチンとリビングダイニングは4連引戸で仕切られ、フルオープンして一体の空間となる。2階を支える柱はアンティークブラウンで保護塗装し、空間のアクセントとしている。階段下はリビング収納。

階段ホール。居室の高窓の磨りガラスから採光を取る計画。

子供部屋のワークスペース。弊社設計事務所の棚+作業台の進化計(^^)。

高さ60センチもある集成材の梁で飛ばしてある大スパンのガレージ。

忙しい仕事の合間に眺めるバイク。演出の照明もセッティング。
ガレージ内部の壁は木毛セメント板、天井は岩面吸音板で吸音を計る。ガレージらしい仕上げが気に入っている。

水平ラインが強調されたデザイン

この住宅事例を手掛けた建築家

大坪和朗建築設計事務所

建築家 / @東京都

自然や周辺環境を常に意識しながらも、 印象的な空間・デザインを目指しています。 また、建築はデザインだけでなく、構造・仕様・環境も大切な要素です。 私達はそれらを総合的に設計し、最適な解を皆様に提供しています。 依頼主の良きアドバイザーとなり “夢の実現”をサポートすることが、 私たち設計事務所の仕事と考えています。 様々なご要望・与条件を整理し、 私たちの技術やアイデアを付加しながら、 夢に形を与えていくお手伝いを致します。 土地探しのアドバイス・設計の相談・既存建物の活用・耐震改修など、 なんでもご相談下さい。相談は無料です。

大坪和朗建築設計事務所さんの住宅事例