注文住宅

プライバシーと開放感を両立する住まい

プライバシーと開放感を両立する住まい (プライバシーを確保する中庭)

プライバシーを確保する中庭

プライバシーと開放感を両立する住まい (プライバシーを確保する中庭)

プライバシーを確保する中庭

プライバシーと開放感を両立する住まい (覗かれない、リビング)

覗かれない、リビング

プライバシーと開放感を両立する住まい (ルーバーのある中庭)

ルーバーのある中庭

いい家!
3

この家がいいと思ったらクリック!

関わり方

設計

用途

賃貸

居住者

家族(子供1人)

所在地

東京都足立区

費用

設計・施工:1700万円(施工費用)

敷地面積

100㎡

延床面積

75㎡

階数

2階建て

間取り

2LDK

期間

設計:6ヶ月 、施工:6ヶ月

完成時期

2014年07月

家の中を覗かれるのはちょっと。。。でも閉じこもるのでは無く、開放的な家にしたいものです。
道路から建物が近くなってしまう家は、特にあけっぴろげには出来ません。
プライバシーを確保しながら、開放感を味わえる住まいでは、自由を感じることができます。

大きな窓があると、それだけで開放感を感じられます。
でも、覗かれてします。
そこで、中庭をつくり、中庭に向けて大きな窓を設置し住まいを開くと、室内が開放的になり、中庭ゆえにプライバシーが確保されます。

中庭は子供たちが安全に遊ぶ遊び場にもなり、道路に飛び出さず、子供のプールを広げても外から見られません。
光もたっぷり室内に取り込みます。

バルコニーの配置の仕方を工夫し、外から見えない場所にバルコニーをつくり、大きな窓をつくると、光がたっぷり取り込まれ、開放感を感じながら、プライバシーを守ります。

道路側に大きなバルコニーをつくりたい場合は、目隠しルーバーという、タテやヨコ方向に格子状のバーをつけて家の中を覗かれない様にします。
ルーバーは、木製やアルミ製など素材も多く、好みの材料を使えます。

ルーバーの本数や、角度を変えることで光の入り方と、覗かれなさのコントロールが出来ます。
実際、ルーバーの内側は驚くほど明るく、光を取り込んでいます。

いい家!
3

この家がいいと思ったらクリック!

この事例のコンセプト

手掛けた建築家

住む方に寄り添う設計、光と風をとりこみ、家と場所に魅力を!

所在地

東京都北区赤羽台1-5

資料請求

専門家のことをもっと知るため、まずは資料請求してみましょう。作品集やカタログ、会社概要など、資料の内容については専門家にご確認ください。

こんな相談ができます(匿名)

住宅事例や対応エリア・金額感についての質問や、打ち合わせの日程や内見同行の相談など、匿名で問い合わせ可能です。

(株)小木野貴光アトリエ一級建築士事務所さんのそのほかの住宅事例

もっと見る

この住宅事例に関連するキーワード

この住宅事例を見ている人におすすめ

もっと見る