注文住宅

陽の家

実施エリア:

群馬県前橋市

実施時期:

2009年8月

延床面積:

124平米

内容:

立地条件を生かし、積極的に陽光を取り入れた住宅

陽の家は文字通り日当たりのよい家づくりを目指したものです。
敷地は赤城山の山麓と関東平野が交わる前橋郊外の丘陵地帯です。
近くには小川、田園、赤城山のやまなみと申し分のない環境です。
敷地形状は南北方向に正対していないやや細長い形状であることから地形に合わせた平面計画がなされました。結果どの部屋にも十分な光と風を取り入れることが出来ました。
室内の特徴は太い杉の柱です。工事に先立って建築主自らが赤城山南麓の杉林で選び、切り出されました。そして熟練した大工により大切に加工され、ゆったりとした居間の中心に据えられました。建具枠や床板も県内産の杉板が使用され素材感豊かな住宅に仕上がりました。
また1階の和室は、家族構成の変化にも対応出来るよう、後で間仕切り建具を設置出来る工夫がされています。ライフスタイルの変化に対応し、長く快適に住むことの出来る住宅をつくりました。