注文住宅

鶯梟庵 (おうきょうあん)

実施エリア:

茨城県牛久市

実施時期:

2002

内容:

稲の遺伝子を研究されているオーナーは、技術者であると同時に、音楽、美術、歴史などにも深く精通されています。
そこで、この限定された状況空間、すなわち敷地において、もっと平たく言うとこの土地で、あるいは地面において、ただ建築するのではなく、いかに建築するかを形而上学的に捉えることとし、「デザ インのテーマ」 を設定していくことにしました。

とりわけ正面ファサードの意味するものと、意味 されるもの、英語ではシニフィエとシニフィアンと いいますが、それらの記号論的解釈をもって、デザイン的に有意義なものになることを目指した 計画としました。

基本構想において、 「地球の表面を変えた歴史的出来事」 として 「農業」 と 「建築」 を挙げ、地球の表面を俯瞰する鳥、しかも世界最古の鳥 「始祖鳥」 ( しそちょう )をテーマにデザインが組み立てられま した。

この地面に舞い降りた建築は、大空への誘いを 彷彿させる、シンメトリーなデザインをもって始祖鳥 を表現しており、今にもこの場所から飛び立っていくような、いきいきとした、躍動感に満ちたファサード になっています。