戸建リノベーション・リフォーム

ホームエレベーターがあるバリアフリー住宅|遮音・防音構造の住宅(ガレージハウス)

ホームエレベーターがあるバリアフリー住宅|遮音・防音構造の住宅(ガレージハウス) (2階 エレヴェーターホール(左右の引き戸が寝室への入り口))

2階 エレヴェーターホール(左右の引き戸が寝室への入り口)

ホームエレベーター を設置してバリアフリー住宅に。 エレベーターの出入り口は、1階は正面、2階は背面とし、自由な動線を確保しております。 エレベーターホールが暗くならないように、左右の居室の出入り口はプライバシーを考え乳白色の建具、建具の上部欄間は透明ガラスを採用することで外部の光を内部に導入するといったバリアフリー対策を施しております。 2階のELVホール:肉体的負荷を軽減するバリアフリー住宅|壁面・建具上部に欄間透明ガラスを設置して外光を内部に導入する

ホームエレベーターがあるバリアフリー住宅|遮音・防音構造の住宅(ガレージハウス) (外観)

外観

外壁を防水シートを張った上に、金属鋼板張りを施工することを提案し、実行して頂きました。イニシャルコストは大となりますが、長い目で見るとコストは少となります。

ホームエレベーターがあるバリアフリー住宅|遮音・防音構造の住宅(ガレージハウス) (道路~玄関までの高低差はスロープで解消:バリアフリー対策の住宅)

道路~玄関までの高低差はスロープで解消:バリアフリー対策の住宅

アプローチのバリアフリー対策 道路と玄関の高低差が大きい場合、スロープや車椅子用の『段差解消リフト』などの機械を利用すれば、ご本人や介助者の負担の軽減がはかれます。 スロープの路面には安全性と快適性を考え、すべりにくく、がたつき感の少ないスロープタイルを張ります。高齢者をはじめ、車いすやベビーカーなどが通る傾斜路では、凹凸による振動、雨天時のスリップ、水はね等の抑えを配慮をした設計が必要です。

ホームエレベーターがあるバリアフリー住宅|遮音・防音構造の住宅(ガレージハウス) (外観-2)

外観-2

建築物( 屋根・外壁 )の 軽量化 を図り地震時の揺れを少なくし、建築物に係る負荷を軽減する。 一般的な建築物が、軽い構造体と比較して重たい構造体で構成されている場合、建築物の振幅:揺れが大きくなります。反して言えば構造体が軽量であればあるほど、揺れが小さくなり地震時の揺れによる倒壊の危険度が低くなります。

ホームエレベーターがあるバリアフリー住宅|遮音・防音構造の住宅(ガレージハウス) (玄関)

玄関

玄関のバリアフリー対策 玄関は足の上げ下げや、身体のバランスをとる必要がある為、足腰の弱った方やご高齢の方にとって大変な場所です。 玄関の段差は、できるだけ小さくします。 上がりかまちの段さを約6cm とした玄関| 床:タイル張り、玄関ホール床:クリ材(自然素材)

ホームエレベーターがあるバリアフリー住宅|遮音・防音構造の住宅(ガレージハウス) (1階 エレベーターホール)

1階 エレベーターホール

ホームエレベーターを設置してバリアフリー住宅に 戸建て住宅では加齢を重ねたり足腰が弱ってくると、階段の昇り降りがおっくうになり、2階部分をほとんど使用せず1階のみで生活する事が多く見受けられます。 ホームエレベーターを設置する事で、車椅子だけでなく、階段での事故や疲労を気にせずにフロアの移動が可能となり、快適な生活がおくれる「フロアフリー」化を図ることができます。

ホームエレベーターがあるバリアフリー住宅|遮音・防音構造の住宅(ガレージハウス) (通路)

通路

1階エレベーターホール~キッチンへの通路

ホームエレベーターがあるバリアフリー住宅|遮音・防音構造の住宅(ガレージハウス) (光壁)

光壁

天井・壁の照明の輝度を抑え、デザインしたオリジナル照明 夜間、よく行き交うホール・通路(廊下)の天井・壁の照明は、バリアフリー対策として高齢者・シニアにとって眩しくない灯りを確保。 通路(廊下)の壁面 : 光壁(眩しさを抑えたLED照明組み込みの人に優しい照明)とする。

ホームエレベーターがあるバリアフリー住宅|遮音・防音構造の住宅(ガレージハウス) (通路の壁面に光壁を。)

通路の壁面に光壁を。

ホームエレベーターがあるバリアフリー住宅|遮音・防音構造の住宅(ガレージハウス) (2階 エレベーターホール)

2階 エレベーターホール

2階のELVホール:肉体的負荷を軽減するバリアフリー住宅

ホームエレベーターがあるバリアフリー住宅|遮音・防音構造の住宅(ガレージハウス) (2階 エレベーターホール)

2階 エレベーターホール

エレベーターホールが暗くならないように、出入り口はプライバシーを考え乳白色の建具、建具の上部欄間は透明ガラスを採用することで外部の光を内部に導入するといったバリアフリー対策を施しております。 壁面・建具上部に欄間透明ガラスを設置して外光を内部に導入する

ホームエレベーターがあるバリアフリー住宅|遮音・防音構造の住宅(ガレージハウス) (洋室(執務室・趣味の部屋))

洋室(執務室・趣味の部屋)

執務室:壁=遮音・防音壁、天井=吸音板、外部開口部=二重サッシ|静かな環境設計を施す。

ホームエレベーターがあるバリアフリー住宅|遮音・防音構造の住宅(ガレージハウス) (寝室(ベッドルーム))

寝室(ベッドルーム)

寝室:清楚な雰囲気の中で受け継がれる家具

ホームエレベーターがあるバリアフリー住宅|遮音・防音構造の住宅(ガレージハウス) (寝室(ベッドルーム))

寝室(ベッドルーム)

寝室:(防音・遮音・吸音を施した)室外の音が気にならない静かな住環境

ホームエレベーターがあるバリアフリー住宅|遮音・防音構造の住宅(ガレージハウス) (愛車満喫の ガレージハウス)

愛車満喫の ガレージハウス

家族の一員である愛車との距離間を近づけるハイセンスなガレージで、豊かな暮らしを楽しむ住宅の設計。 家族と愛車を結び付ける洗練された空間で、ワンランク上の新しいライフステージを実現。 車を収納するだけの単なるガレージにとどまらず、愛車も大切な家族の一員としてと共に暮らすという思いから、機能性を重視しつつスタイリッシュな住宅空間を演出する設計。 バリアフリー対策の一つとした雨の日も濡れずに室内から入れる広々ガレージスペースは、メンテナンスも心ゆくまで周囲を気にせずにできます。 後方壁の明かり:キッチンの灯り

ホームエレベーターがあるバリアフリー住宅|遮音・防音構造の住宅(ガレージハウス) (ガレージハウス)

ガレージハウス

いい家!
1

この家がいいと思ったらクリック!

関わり方

設計, 監理, エクステリア(庭・外構)

用途

自宅

居住者

夫婦・カップル

施工面積

121㎡

改修規模

フルリノベーション・リフォーム

階数

2階建て

間取り

2LDK → 2LDK

近隣の騒音対策、内部動線の簡略化、建物の老朽化、経年変化による内外部の破損・腐朽部の可能な限りの刷新:スケルトンリフォーム。

連結した建物 【 2階建て住宅 + 4階建てマンション 】の2棟の生活改善・外装・内装のリフォーム・リノベーション。
お施主様の住居部分である、2階建て住宅の1棟と、4階建てマンションの一部の生活動線をつなげ、家族が加齢を積み重ねた時の為、バリアフリー対策として肉体的負荷を軽減できるようにホームエレベーター設置し水平・縦の動線の簡略化を図る住宅設計を図ります。

1・2階のプランニングは、ホームエレベーターの設置する場所がコアとなり、それを決めてから基本計画・設計が始まります。

建築設計事務所(建築家)として建物のコアとなるホームエレベーターを設置する際の注意点は、既存建築物の構造上の基礎部分の合間にエレベーターピットのスペースを設けることです。この検討後お施主様にプランを提案する運びとなります。


【 日常の生活動線の安全・簡略化 】
① 建物内に車庫を配置。(ガレージハウス)
② 各部屋がコンパクトであり、シンプルな動線の確保。
③ 住宅とマンションなどの2棟の接合水平面で生じる高低差の段差、及びその他の階段部分の一段あたりの高さは、できる限り最少とする。
④ 縦の動線の肉体的負荷の軽減(バリアフリー住宅)を図れるホームエレベーターの設置。


【 防音・遮音構造 】
近隣の騒音により日常の生活に支障をきたすため、防音・遮音工事を施しました。

室内の壁には、遮音・防音壁(制振遮音ボード)、
外部開口部の内側には、二重サッシ、
天井には、吸音板、
上下階の生活騒音に対しては、防振ゴムシートを施工しています。


【 既存建物の経年変化による修復 】
外壁よりの雨水侵入による内壁の木材の腐朽部分の修復と、外壁破損部の可能な限りの修復。
建物が川沿いに位置することにより、数十年にわたる経年変化のもと内部の傾きがひどく、水平・垂直の傾きの修復を図っています。

いい家!
1

この家がいいと思ったらクリック!

この事例のコンセプト

手掛けた建築家

中浦弘嗣

中浦弘嗣

建築設計事務所を1985年に創業。 大阪を中心に、住宅・マンション・店舗・事務所ビル・ホテル・病院・医院・教育施設・レジャー施設などの、新築・リフォーム・リノベーション等の企画・デザイン・工事現場監督・設計・工事監理・建築相談において、純和風からモダンテイストに至る幅広い建築に携わってきました。 私どもは、建築家・女性建築家としての知識・経験に加え、自宅を建てた施主・主婦の各観点より、様々な建築の設計をします。 住宅をはじめとする建築物は、《 人生をおくる為の舞台 》です。 人は、加齢と共に段階的に、いろんな色の幸福を求め進化します。 その為にも【 単なる箱 】という考えを捨て、人生の密接なるパートナーとしてお考え下さい。 当建築設計事務所は、建築を通してお施主様の『資産価値の向上』を重んじ、お施主様と一緒に、建物づくりに携わっています。 建築の原点である家/住宅の設計を基本に、私共の経験・経緯をふまえて、機能・環境・デザインを考慮した建築物をご提案します。

所在地

大阪府大阪市城東区天王田4番3号

資料請求

専門家のことをもっと知るため、まずは資料請求してみましょう。作品集やカタログ、会社概要など、資料の内容については専門家にご確認ください。

こんな相談ができます(匿名)

住宅事例や対応エリア・金額感についての質問や、打ち合わせの日程や内見同行の相談など、匿名で問い合わせ可能です。

中浦弘嗣さんのそのほかの住宅事例

もっと見る

この住宅事例に関連するキーワード

この住宅事例を見ている人におすすめ

もっと見る

中浦弘嗣

建築家 / @大阪府