戸建リノベーション・リフォーム

Naturally Simple

面積:

140㎡

エリア:

大阪府

実施時期:

2016年

内容:

玄関から伸びた廊下の両側に部屋が配置された、ごく普通の戸建住宅のリノベーション。
「使いやすく、自分たち家族好みの空間に変えてほしい」という直球なプロジェクトだった。
そこでまず、既存利用できるものを丁寧に選別しながら、徹底的に不要なものを削ぎ落とした。そしてクライアントが純粋に必要とする機能だけを抽出し、ゾーニングと動線の最適化を図った。
基本操作に徹し、クライアントの「なんとなくこんな感じがいいなぁ」をシンプルな空間で、具現化することを試みた。

玄関から伸びた廊下の両側に部屋が配置された、ごく普通の戸建住宅のリノベーション。
「使いやすく、自分たち家族好みの空間に変えてほしい」という直球なプロジェクトだった。
そこでまず、既存利用できるものを丁寧に選別しながら、徹底的に不要なものを削ぎ落とした。そしてクライアントが純粋に必要とする機能だけを抽出し、ゾーニングと動線の最適化を図った。
基本操作に徹し、クライアントの「なんとなくこんな感じがいいなぁ」をシンプルな空間で、具現化することを試みた。

玄関から伸びた廊下の両側に部屋が配置された、ごく普通の戸建住宅のリノベーション。
「使いやすく、自分たち家族好みの空間に変えてほしい」という直球なプロジェクトだった。
そこでまず、既存利用できるものを丁寧に選別しながら、徹底的に不要なものを削ぎ落とした。そしてクライアントが純粋に必要とする機能だけを抽出し、ゾーニングと動線の最適化を図った。
基本操作に徹し、クライアントの「なんとなくこんな感じがいいなぁ」をシンプルな空間で、具現化することを試みた。

玄関から伸びた廊下の両側に部屋が配置された、ごく普通の戸建住宅のリノベーション。
「使いやすく、自分たち家族好みの空間に変えてほしい」という直球なプロジェクトだった。
そこでまず、既存利用できるものを丁寧に選別しながら、徹底的に不要なものを削ぎ落とした。そしてクライアントが純粋に必要とする機能だけを抽出し、ゾーニングと動線の最適化を図った。
基本操作に徹し、クライアントの「なんとなくこんな感じがいいなぁ」をシンプルな空間で、具現化することを試みた。

玄関から伸びた廊下の両側に部屋が配置された、ごく普通の戸建住宅のリノベーション。
「使いやすく、自分たち家族好みの空間に変えてほしい」という直球なプロジェクトだった。
そこでまず、既存利用できるものを丁寧に選別しながら、徹底的に不要なものを削ぎ落とした。そしてクライアントが純粋に必要とする機能だけを抽出し、ゾーニングと動線の最適化を図った。
基本操作に徹し、クライアントの「なんとなくこんな感じがいいなぁ」をシンプルな空間で、具現化することを試みた。

玄関から伸びた廊下の両側に部屋が配置された、ごく普通の戸建住宅のリノベーション。
「使いやすく、自分たち家族好みの空間に変えてほしい」という直球なプロジェクトだった。
そこでまず、既存利用できるものを丁寧に選別しながら、徹底的に不要なものを削ぎ落とした。そしてクライアントが純粋に必要とする機能だけを抽出し、ゾーニングと動線の最適化を図った。
基本操作に徹し、クライアントの「なんとなくこんな感じがいいなぁ」をシンプルな空間で、具現化することを試みた。

玄関から伸びた廊下の両側に部屋が配置された、ごく普通の戸建住宅のリノベーション。
「使いやすく、自分たち家族好みの空間に変えてほしい」という直球なプロジェクトだった。
そこでまず、既存利用できるものを丁寧に選別しながら、徹底的に不要なものを削ぎ落とした。そしてクライアントが純粋に必要とする機能だけを抽出し、ゾーニングと動線の最適化を図った。
基本操作に徹し、クライアントの「なんとなくこんな感じがいいなぁ」をシンプルな空間で、具現化することを試みた。

この住宅事例を手掛けた建築家

関口太樹 + 関口知子

建築家 / @大阪府

クライアントの想いや条件はそれぞれです。その想いに寄り添い、条件の中でどう実現するのが最適かクライアントと一緒に考えます。そこにコミュニケーションは不可欠です。コミュニケーションを重ね、それぞれの想いに寄り添う中から導かれる空間は自然と個性を纏い、同時に喜びに満ちた豊かな生活の土台になると考えています。 どんなことでもお気軽にご連絡下さい。お話をお聞きするところから始めたいと思っています。

関口太樹 + 関口知子さんの住宅事例

関口太樹 + 関口知子さんのそのほかの住宅事例

この住宅事例に関連するキーワード