戸建リフォーム・リノベーション

Naturally Simple

実施エリア:

大阪府

実施時期:

2016年

延床面積:

140平米

内容:

玄関から伸びた廊下の両側に部屋が配置された、ごく普通の戸建住宅のリノベーション。
「使いやすく、自分たち家族好みの空間に変えてほしい」という直球なプロジェクトだった。
そこでまず、既存利用できるものを丁寧に選別しながら、徹底的に不要なものを削ぎ落とした。そしてクライアントが純粋に必要とする機能だけを抽出し、ゾーニングと動線の最適化を図った。
基本操作に徹し、クライアントの「なんとなくこんな感じがいいなぁ」をシンプルな空間で、具現化することを試みた。

納戸

玄関から伸びた廊下の両側に部屋が配置された、ごく普通の戸建住宅のリノベーション。
「使いやすく、自分たち家族好みの空間に変えてほしい」という直球なプロジェクトだった。
そこでまず、既存利用できるものを丁寧に選別しながら、徹底的に不要なものを削ぎ落とした。そしてクライアントが純粋に必要とする機能だけを抽出し、ゾーニングと動線の最適化を図った。
基本操作に徹し、クライアントの「なんとなくこんな感じがいいなぁ」をシンプルな空間で、具現化することを試みた。

和室

玄関から伸びた廊下の両側に部屋が配置された、ごく普通の戸建住宅のリノベーション。
「使いやすく、自分たち家族好みの空間に変えてほしい」という直球なプロジェクトだった。
そこでまず、既存利用できるものを丁寧に選別しながら、徹底的に不要なものを削ぎ落とした。そしてクライアントが純粋に必要とする機能だけを抽出し、ゾーニングと動線の最適化を図った。
基本操作に徹し、クライアントの「なんとなくこんな感じがいいなぁ」をシンプルな空間で、具現化することを試みた。

リビング

玄関から伸びた廊下の両側に部屋が配置された、ごく普通の戸建住宅のリノベーション。
「使いやすく、自分たち家族好みの空間に変えてほしい」という直球なプロジェクトだった。
そこでまず、既存利用できるものを丁寧に選別しながら、徹底的に不要なものを削ぎ落とした。そしてクライアントが純粋に必要とする機能だけを抽出し、ゾーニングと動線の最適化を図った。
基本操作に徹し、クライアントの「なんとなくこんな感じがいいなぁ」をシンプルな空間で、具現化することを試みた。

リビング

玄関から伸びた廊下の両側に部屋が配置された、ごく普通の戸建住宅のリノベーション。
「使いやすく、自分たち家族好みの空間に変えてほしい」という直球なプロジェクトだった。
そこでまず、既存利用できるものを丁寧に選別しながら、徹底的に不要なものを削ぎ落とした。そしてクライアントが純粋に必要とする機能だけを抽出し、ゾーニングと動線の最適化を図った。
基本操作に徹し、クライアントの「なんとなくこんな感じがいいなぁ」をシンプルな空間で、具現化することを試みた。

玄関

玄関から伸びた廊下の両側に部屋が配置された、ごく普通の戸建住宅のリノベーション。
「使いやすく、自分たち家族好みの空間に変えてほしい」という直球なプロジェクトだった。
そこでまず、既存利用できるものを丁寧に選別しながら、徹底的に不要なものを削ぎ落とした。そしてクライアントが純粋に必要とする機能だけを抽出し、ゾーニングと動線の最適化を図った。
基本操作に徹し、クライアントの「なんとなくこんな感じがいいなぁ」をシンプルな空間で、具現化することを試みた。

リビング

玄関から伸びた廊下の両側に部屋が配置された、ごく普通の戸建住宅のリノベーション。
「使いやすく、自分たち家族好みの空間に変えてほしい」という直球なプロジェクトだった。
そこでまず、既存利用できるものを丁寧に選別しながら、徹底的に不要なものを削ぎ落とした。そしてクライアントが純粋に必要とする機能だけを抽出し、ゾーニングと動線の最適化を図った。
基本操作に徹し、クライアントの「なんとなくこんな感じがいいなぁ」をシンプルな空間で、具現化することを試みた。