注文住宅

【seto】自然に囲まれたL字の平屋

手掛けた工務店

設計、施工、監理、エクステリア(庭・外構)を担当

写真の説明を固定表示

(OFFのときは写真にマウスオーバーで表示)

いい家!
2

この家がいいと思ったらクリック!

手掛けた工務店

設計、施工、監理、エクステリア(庭・外構)を担当

用途

自宅

居住者

家族(子供1人)

所在地

愛知県

階数

平屋

完成時期

2018年04月

設計会社

kisetsu

手掛けた工務店のコメント

設計、施工、監理、エクステリア(庭・外構)を担当

973.20㎡ものゆったりとした敷地を生かしたL字型の平屋。写真正面が南側にあたる部分で、居室は配されているものの、基本的には大きな開口のない壁になっている。L字型にすることで外部からの死角をつくったことも、プライバシー性を高めるための工夫の一つ。

道路に面した南側をあえて閉じ、山側に開放的なリビングを設けた緑と光と風を感じる心やすらぐ家。

家づくりのきっかけ・施主の要望

ご実家の敷地でのお建て替えを検討されていました。生活道路にも面した広くて開けた敷地ゆえ、外からの視線をどうシャットアウトするかが家づくりにおける最大の課題でした。複数の会社にプランニングを依頼された際、唯一「人通りのある南側は閉じてしまいましょう」と弊社が提案したことが決め手になったそうです。一般的には採光を考えて開口を大きく取ることが多い南側は閉じ、かわりに外部からの視線を気にしなくてもいい山側(東側)にリビングを配しました。天井まで高さのある全面ガラス窓にして開放感を最大限高めたことに加え、リビングからフラットに続くデッキスペースと、さらにその先には庭をデザイン。「自然との心地いい関係性こそがいい家の条件」との基本コンセプトに則ったもので、室内と外との連続性がリゾートさながらの非日常のくつろぎをもたらしてくれます。以前は「人目が気になって、BBQをするにも車を近くに停めて目隠ししていたんです」とおっしゃられていましたが、今ではそんな心配もなく開放的な住まいでの毎日を謳歌しているそうです。

この事例の見どころや工夫したところ

リビングと床面の高さを合わせたデッキスペースは、室内と外とをつなぐ“中間領域”。半屋外とも言うべきこの空間では、室内で過ごす安心感と屋外で過ごす開放感をいずれも味わうことができます。また、LDKの天井と軒天の高さを合わせ、さらに同じ羽目板貼りにすることで一体感を演出しました。

いい家!
2

この家がいいと思ったらクリック!

この事例のコンセプト

この住宅の写真

手掛けた工務店

kisetsu

株式会社kisetsu

kisetsu

対応業務

注文住宅

所在地

愛知県春日井市六軒屋町西1-8-8

対応エリア

岐阜県 / 愛知県 / 三重県

資料請求

専門家のことをもっと知るため、まずは資料請求してみましょう。作品集やカタログ、会社概要など、資料の内容については専門家にご確認ください。

こんな相談ができます(匿名)

住宅事例や対応エリア・金額感についての質問や、打ち合わせの日程や内見同行の相談など、匿名で問い合わせ可能です。

kisetsuさんのそのほかの住宅事例

この住宅事例を見ている人におすすめ

もっと見る

この住宅事例に関連するキーワード

手掛けた工務店

kisetsu

@愛知県