注文住宅

W邸

面積:

122㎡

エリア:

神奈川県横浜市

実施時期:

2004年

内容:

落ち着いた環境の住宅地に建つ、シンプルな箱型の住宅です。
敷地は西側、南側が道路に面した角地、道路より2m程高くなっています。
居間、食堂、厨房は大きな一室空間として2階に、お母様のもうひとつの居間ともいえる洋間を1階に配置しました。外部空間との関係は階ごとに性格の異なる開口部に現れています。2階は外へ向かって視界が開けており、敷地西側の道路に沿って遠くまで展開する眺望を楽しむことができます。居間から梯子状の階段を上って屋上へ出ると、さらに遠くまでの眺望を楽しむこともできます。これに対し、1階は外部からの視線を遮ることによって、落ち着いた空間になっています。余裕のある敷地の広さを生かして、植栽に囲まれた庭側に大きな開口を設けました。浴室外側には専用の坪庭があり、窓を開けたままでも安心して入浴ができます。
内部空間の中心は階段廻りの吹抜けにあります。ほぼすべての部屋がこの吹抜けを介して繋がっていて、欄間や小窓を通してお互いの様子が感じられるようになっています。

北川裕記

状況は変化しても、住宅は生活の器として重要であり続けると思います。 外部環境をコントロールしつつ採りこみ、時には外に向かって何かを働きかけ、そこに住まう人に広い意味での豊かさをもたらすもの。 その住宅があることで、敷地のもつ魅力をさらに高めるもの。 そんな住宅を実現していきたいと考えています。

この専門家のプロジェクト一覧