マンションリノベーション

第二の人生を夫婦で楽しむ光と風が通り抜けるマンションのスケルトンリフォーム

第二の人生を夫婦で楽しむ光と風が通り抜けるマンションのスケルトンリフォーム (趣味を楽しむマンション土間スペース)

趣味を楽しむマンション土間スペース

ここはベルギーの左官材モールテックスを施した玄関土間スペース。ここでご主人は趣味の自転車や天体望遠鏡のお手入れをします。

第二の人生を夫婦で楽しむ光と風が通り抜けるマンションのスケルトンリフォーム (廊下にあるキッチン)

廊下にあるキッチン

第二の人生を夫婦で楽しむ光と風が通り抜けるマンションのスケルトンリフォーム (マンションの広い玄関土間)

マンションの広い玄関土間

趣味が豊富なご夫婦は、それぞれご自分の趣味を満喫できるコーナーを作りました。ここはご主人が自転車の手入れをしたり、天体望遠鏡の整備をするところ。

第二の人生を夫婦で楽しむ光と風が通り抜けるマンションのスケルトンリフォーム (二つの床材)

二つの床材

玄関土間はベルギーの左官材、モールテックス。 耐水性に優れています。 一段上がった部屋全体はコルクの自然素材床。 フローリングより弾力性もあり、耐水性にも優れた材料です。

第二の人生を夫婦で楽しむ光と風が通り抜けるマンションのスケルトンリフォーム (家の中心にあるアイランドキッチン)

家の中心にあるアイランドキッチン

奥様は以前はキッチンが孤立していてお料理をしていても孤独で嫌だったので、リフォームしたら開放的なところにしたいとのご希望でした。なので、土間玄関から入ったらすぐアイランドキッチンとしまして、奥の部屋とも繋がり、いわば廊下状のところにある形となり、お料理するときに旦那さんと向かい合ってお過ごしになるということです。

第二の人生を夫婦で楽しむ光と風が通り抜けるマンションのスケルトンリフォーム (廊下に洗面所)

廊下に洗面所

洗面所、脱衣、トイレは同じスペースにあり、また、通り抜けできるように作りました。決して広くない都心のマンション、トイレ、洗面、脱衣などは二人家族の場合孤立した部屋にするのではなく、廊下などの動線上に設けたらいかがでしょう? 勿論、使用時は吊引戸で仕切って個室化できます。

第二の人生を夫婦で楽しむ光と風が通り抜けるマンションのスケルトンリフォーム (2箇所の入り口のあるトイレ)

2箇所の入り口のあるトイレ

トイレは廊下上にあり、したがって普段はここで住人は行き来します。 しかし、トイレ使用時は両側の吊引戸を閉めれば個室に早変わり。 開放してあるトイレスペースにはマンションの外廊下とテラスを通り抜ける風と光が入り込みます。

第二の人生を夫婦で楽しむ光と風が通り抜けるマンションのスケルトンリフォーム (キッチン収納)

キッチン収納

キッチンは奥様とお持ちの食器やスパイスのしまい方など綿密な打ち合わせをして決めました。 Ⅱ型の配置で、手前アイランドはシンクで水が飛び跳ねてもいいようにステンレスカウンター、後部レンジフード部分はこーリアンというブラウンの落ち着いた人工大理石でシックに仕上げました。

第二の人生を夫婦で楽しむ光と風が通り抜けるマンションのスケルトンリフォーム (リビング収納)

リビング収納

奥様も趣味の洋装の材料、道具を収納するのをアイランドキッチンの目の前に作りました。 ここは収納だけでなく、飾り棚の役目もします。 和のテイストを入れてみました。

写真の説明を固定表示

(OFFのときは写真にマウスオーバーで表示)

いい家!
1

この家がいいと思ったらクリック!

関わり方

設計, 監理, インテリア

用途

自宅

居住者

夫婦・カップル

所在地

東京都港区田町

費用

設計・施工:1300万円

延床面積

80㎡

施工面積

80㎡

改修規模

フルリノベーション (スケルトンリノベーション)

間取り

3LDK → 2LDK

築年数

30年

期間

設計:3ヶ月 、施工:5ヶ月

完成時期

2017年10月

施工会社

株式会社 建和木

間取り

リノベーション後

夫婦お二人が住む、自分たちの趣味を活かせる住まいへのフルリノベーションです。
自然素材、和のテイストを取り入れる、そして光を全体に取り入れ風通しのよいお住まいとしました。

家づくりのきっかけ・施主の要望

子育てを終え、これから二人の生活を楽しみ、尚且つ老後に対しても住みやすいようにバリアフリーのと言うのが施主の要望でした。

この事例の見どころや工夫したところ

この家にはリビングがありません。夫婦二人で共通の場はキッチンのみです。
縦長のマンションの部屋に光と風をとりいれるため、3動線、回遊性を持たせ、またそれによって都心の限られたマンションスペースを開放感があるものとしました。
トイレも二つ入り口を作り、使っていないときは廊下となります。
水回りは水回りとしてだけ使うのには、勿体ないときが、ありますものね。

施主の感想

開放的な空間ですが、いざとなるときは建具が仕込んであるので区切れて、夫婦お互いのプライバシーが守れます。
以前のキッチンが孤立していて孤独に料理していたので、今はオープンで主人と話しながら楽しく料理ができます。

事例の進み方

当社のホームページをご主人が探し出してくださり、奥様と話があって進められそうだと判断してくださり、ご連絡を頂きました。そして過去に施工会社に直接リフォームを頼んだことがあり、その時たまたま不良施工があり、設計施工一帯の会社に依頼すると公平は現場監理がなされないとお感じになり、今回はまず設計者を選ぶことから始められたとのこと。勿論、お客さんと一緒に作り上げた計画がその通り進むように当社の方でしっかり現場監理をさせて頂きました。

印象に残っていること

プランは決して普通ではないのですが、二つのトイレので入り口やそれが廊下にもなること、脱衣室も普段は廊下であることなど、プランの特徴を一目で気に入ってくださったのが印象的で、頭の柔らかいお施主さんに恵まれたなと感謝です。

行き止まりのない、回遊性が開放的な住まいを作る

都心は面積が限られていることが多く、そこをいかに広く開放的に作るのかが、よく課題となります。また、プライバシーの確保も大事ですので、その時空間をスマートにしきる日本的とも言える引き戸が大活躍します。このリノベーションでも存在感を消しつつ、吊引き戸を多数配置してあります。

いい家!
1

この家がいいと思ったらクリック!

この事例のコンセプト

この住宅の写真

手掛けた建築家

対応業務

注文住宅、リノベーション (戸建、マンション、部分)

所在地

東京都世田谷区若林5-6-9.リベル601

対応エリア

茨城県 / 栃木県 / 群馬県 / 埼玉県 / 千葉県 / 東京都 / 神奈川県 / 青森県 / 岩手県 / 山梨県 / 長野県 / 静岡県 / 三重県 / 滋賀県 / 京都府 / 岡山県 / 徳島県 / 香川県 / 福岡県

目安の金額

30坪 新築一戸建て

2,100〜3,600万円

60平米 フルリノベ

840〜1,320万円

資料請求

専門家のことをもっと知るため、まずは資料請求してみましょう。作品集やカタログ、会社概要など、資料の内容については専門家にご確認ください。

こんな相談ができます(匿名)

住宅事例や対応エリア・金額感についての質問や、打ち合わせの日程や内見同行の相談など、匿名で問い合わせ可能です。

竹浪 由里さんのそのほかの住宅事例

この住宅事例を見ている人におすすめ

もっと見る

この住宅事例に関連するキーワード

竹浪 由里

建築家 / @東京都