注文住宅

N-house

面積:

88㎡

エリア:

埼玉県

内容:

狭小ながら、核となるLDKの広さを最大限確保するため2階を整形のワンルームとしています。上下移動が多い3階建において、内部環境を階段を通して解決しようとしました。通風、採光を考慮し、階段は抜けを取り、開閉トップライトを設けています。LDKとは半透明建具で仕切り空調効率にも考慮しました。外観正面は箱を意識したフォルムを、2種類の仕上でまとめました。論点を絞ることによりシンプルな建築となっています。

このプロジェクト事例を手掛けた建築家

星野尚紀

建築家 / @埼玉県

暮らしの中で何を大切にしていますか。 家はくらしに優しく寄り添うもの。 家族のくらしがあり、住まいはあくまでそれをサポートするものと考えています。ご家族のくらしかたを尊重し、その生活を広げる手助けができたら嬉しく思います。 住む人の人柄がうかがい知れるようなくらしの空間。 たくさんの可能性の中から、あなただけの住まいをいっしょにつくりあげて行きたいと思います。