注文住宅

別荘チックな家

実施エリア:

愛媛県東温市

内容:

東温市の郊外にある敷地は「農業振興地域の整備に関する法律」により土地利用が制限されている地域であった。幸いなことに、既存宅地であったため、この場所で住宅を建てることが許可された。
周辺はそのようなこともあり田畑や四国山脈が見渡せる眺望のよい場所であったため、景色を楽しめるような大き目な開口部を設けることができた。
セカンドハウスのように平屋で広いLDK(+勾配天井)が特徴の間取りで、靴のまま生活することができるように仕上げを施している。
玄関ポーチは広めのスロープで日当たりの良いアプローチが贅沢な通路スペースを演出している。
外壁・軒裏には無垢の木材+防虫防腐剤を多くの部分で採用し、素材感と味わいのある住宅に仕上がっている。

中尾忍

大きな会社として住宅・建物を作っているわけではありませんので、お客様が負担する人件費が少なくて済みます。 (通常は会社の中で営業マン他、何人もの人が分担して作業をしていますので、人件費、営業費、広告費等、その他の費用が掛る原因になっています。) 建築コストを最低限に抑えるために、お客様に代わり、プロの設計士が直接工事会社に交渉、調整等を行い、予算に合わせた家づくりをサポートしています。 地元の多くの設計事務所・工務店・建築会社さんは設計施工のスタイルです。 その場合、材料のコストが適正な価格であるか、構造や仕上げが図面どおりに工事されているか等、一般の方々が確認しにくい部分があります。客観的な第3者の立場で、見積額や工事の内容が適正であるか、工事が始まると現場もお客様に代わり、毎週訪れながら確認、記録、指導しています。