マンションリノベーション・リフォーム

にじみの家

面積:

113㎡

エリア:

東京都三鷹市

実施時期:

2013年

内容:

井の頭公園の端に建つ社宅のリノベーション。RC壁式構造の建物のため個室の間仕切り壁にもRCの壁が出てきます。
それを最大限活かしながら様々な素材を少しづつずらしながら貼って行くことによって各室、壁、床、天井の境界がにじんで全体の一体感を出しています。
L字で素材を貼り分け、広いリビングの中にもいろいろな場をつくっています。
廊下を中心に回遊性のある既存プランを活かして白く明るくした廊下はこの家の動脈。
左側には玄関、シュークローゼット、水廻り、右側はリビング。
元はキッチンの置かれた個室を書斎コーナーへ変更し、壁を撤去しガラス間仕切りにして自然光を取り入れ廊下と一体感を出しました。
玄関ホールはコーナーに貼られた鏡が全身鏡になると同時に、境界がにじんで空間がどこまでも続くように感じられます。
白くまとめた水廻りにも鏡をまわして、広さと明るさを強く感じさせる空間としました。

用途 : 集合住宅(新装)
延床面積 :113.58m2
設計 : 2013

この住宅事例を手掛けた建築家

須川哲也+須川真紀子

建築家 / @東京都

お話を丁寧に聞き、その家族ならではの生活にフィットした世界に一つしかない「自分の家」をつくる事を大切にしています。既成概念にとらわれる事なく、お客様、様々な専門家一体となって知恵を出し合って考え、一つの形を生み出して行く場となりたいという意味を込めて私たちのオフィスは「ラボ=実験室」と名付けられています。 ぜひご一緒に家づくりを楽しみましょう!

須川哲也+須川真紀子

建築家 / @東京都

須川哲也+須川真紀子さんの住宅事例