注文住宅

岸本の町家

エリア:

高知県香南市

内容:

高知県東部、香南市(旧香美郡)岸本町に建つ壁式コンクリート造の専用住宅。すぐ西にある赤岡町から続く旧道沿いには間口が狭く奥行きが極端に長い京都の町家のような家がたくさん並んでいる。この敷地も旧街道の北側にあり、奥行きは約40mある。建物中央の吹き抜けのリビングルームは木製ルーバーとコンクリートの壁で被われた建物を南北に貫通するテラスに面し、中央に植えられたケヤキがすべて見えるように2層分の高さを持つ窓が設けられている。また、コンクリートの質感が好きなクライアントのために室内のあらゆる箇所に打ち放しの壁が使われている。

この住宅事例を手掛けた建築家

松木貴史

建築家 / @高知県

学生の頃から建築は文化の象徴であると信じてきました。また、建築は時代を反映するものであり、技術の進歩とともに、かつては非常識であったことが常識になることもあると考えています。伝統的なものにとらわれない今の時代にふさわしい建築を造っていきたいと考えています。

松木貴史

建築家 / @高知県

松木貴史さんの住宅事例