和モダン・リノベーションの家 (リビング)

リビング

増築部分のリビングを見る。 床と壁は無垢の杉板。白い壁は珪藻土で、プロジェクターのスクリーンも兼ねる。

和モダン・リノベーションの家 (デッキテラス・庭)

デッキテラス・庭

デッキテラス・庭を見る。 樹脂製デッキを移設して生まれたデッキテラスは、リビングと和室に囲まれている。

和モダン・リノベーションの家 (和室と路地)

和室と路地

玄関から和室を見る。 右側のサイディングとアルミサッシをそのまま使用。 和室奥は既存の樹脂製デッキを移設したデッキテラス。

和モダン・リノベーションの家 (外観)

外観

中央が大きな木製玄関引戸。右側が既存建物。

和モダン・リノベーションの家 (玄関・土間)

玄関・土間

玄関を見る。 右側の3枚引戸は、左2枚が収納、右1枚がシューズクロークの入口で奥にはシューズクローク、駐輪場へと続く。

和モダン・リノベーションの家 (和室・玄関・土間)

和室・玄関・土間

和室から玄関を見る。 左側のサッシと外壁は既存のまま。左奥の開口部は玄関扉が付いていた場所。

和モダン・リノベーションの家 (屋上デッキテラス)

屋上デッキテラス

屋上デッキテラスを見る。 右側サッシと外壁は既存のまま。透明屋根は既存の1階テラスから移設。 新しく子供室の前に誕生した24帖の屋上デッキテラスは、この家の外部のユーティリティースペース。

和モダン・リノベーションの家 (パソコンコーナー・書斎)

パソコンコーナー・書斎

吹抜け部分のパソコンコーナー・書斎を見る。 正面のサッシと外壁は既存のまま。右側の本棚は既存の外壁をくりぬいて設置。

写真の説明を固定表示

(OFFのときは写真にマウスオーバーで表示)

いい家!
2

この家がいいと思ったらクリック!

用途

自宅

居住者

家族(子供2人以上)

所在地

静岡県

改修規模

部分リノベーション・リフォーム

「玄関を広くしたい」・「和室を一部屋欲しい」・「リビングを広くしたい」・「シューズクロークが欲しい」から始まったT邸は、クライアントと設計者共打ち合わせを重ねる度に夢が広がり、1,000万円前半という予算が重くのしかかってきました。
そこで築5年以内という家のパーツを最大限利用することを考えました。例えば外壁やサッシをそのまま使用して、室内なのに外部のような路地をつくり和室を演出したり、樹脂製デッキを新しいリビングと和室の間に移設して、庭の前を家族が集まるデッキテラスにしました。
又、和室と玄関の増築部分の上に屋上デッキテラスを設置することで、既存の2階の2つの洋間の前に広大(24帖)なユーティリティースペースが生まれました。手摺り壁を隣の2階の窓からの目線より高くすることでプライバシーが守られ、夏はお子様のプールを置いたり、家庭菜園・バーベキュー等々・・・・・。まだ小さなお子様達は毎日テーマパークにいるかのようにはしゃいでいるそうです。

いい家!
2

この家がいいと思ったらクリック!

この事例のコンセプト

手掛けた建築家

滝下秀之建築アトリエ

滝下秀之建築アトリエ

あなたも、「自分たちのライフスタイルに合わせた住まいづくり」に挑戦してみませんか? ライフスタイルを追求するために、現在の細部にわたる生活状況や新しい家になった時更にこういう生活にしたい等、お施主様の話をじっくり聞くことから始まります。そこから建築の内容や質を決めるコンセプトを共有し、共に家づくりのプロセスを楽しみながら設計を進めていきます。 お施主様の思いやこだわりに、建築家としての創造が加わり、ハーモニーとして奏でる時、「100%満足していただける、オンリーワンの家」が完成することでしょう。 まずはお気軽にお声掛け下さい

所在地

静岡県静岡市葵区大岩3-21-38

資料請求

専門家のことをもっと知るため、まずは資料請求してみましょう。作品集やカタログ、会社概要など、資料の内容については専門家にご確認ください。

こんな相談ができます(匿名)

住宅事例や対応エリア・金額感についての質問や、打ち合わせの日程や内見同行の相談など、匿名で問い合わせ可能です。

滝下秀之建築アトリエさんのそのほかの住宅事例

この住宅事例に関連するキーワード

この住宅事例を見ている人におすすめ

もっと見る

滝下秀之建築アトリエ

建築家 / @静岡県