注文住宅

窓はある家

実施エリア:

愛知県

延床面積:

70平米

内容:

その昔、区画整理された地域にあるご実家の南庭の中に将来を見据えて、実家と相互利用できるような住宅です。

道路面に対して、雑多な街並みと、一線を画すように、窓は設けず、白い箱というイメージを強く出す外観としながら北側の実家や隣家には光が入るように、高さを抑えた急勾配の屋根を持ち、高さを抑えるために考えたスキップフロアの空間は、こどもたちが遊べる床下大空間をつくり、影を最小限に抑えるための勾配屋根はそのまま内部空間の形をつくり、漆喰と梁がキレイに並ぶ姿となりました。

玄関から、Uターンするように2階へ上がっていく構成は
廊下をつくらず、一体感をつくり、格子の建具や本漆喰の壁、無垢の木が、柔らかく部屋を彩っています。

廊下・ホール

畳階段梁ナチュラル 明るい照明

後藤孝

「わっスゴイ!」と声が出る様な、奇抜さや派手さではなく 「あ~~。これっていいよね!」と、そっと感じれる ゆっくりと味が出てくるような建物を、まちを、関係を 大工さん、職人さん、左官屋さん、そしてお施主さんと共につくっています。 見た目では、解らない肌触りや、足触り 空気感をつくりだしていきます。 そのためには、見た目の派手さではなく 素材を選び、その素材が活きるような空間づくりと共に 空間の広がりや、落ち着きをつくり出すために 様々な仕掛けを施しています。 もちろんデザイン的にも、カッコ良いものをつくりたいです。 外観は、まちなみに合わせながら時代にあったものを 内部は、今の生活に合わせた、心地よいものをと思っています。