注文住宅

SZH 楔形の都市型住宅

エリア:

栃木県宇都宮市

実施時期:

2006年6月竣工

内容:

宇都宮市駅東地区、住宅展示場の北側、30坪という極小敷地にたつ住 宅です。
駐車場と2階リビングスペースを確保するために、クサビ型に建物を張り出させています。斜めの外壁は視線を遮るだけでなく、リフレクターとして機能します。
リフレクターは、リビングから連続するデッキを囲みプライベートスペースをつくりだします。リフレクターにより室内により強い光が差し込み、視線を上空に逃がすことができます。リフレクターの一部は半透明で、小さな穴があけられ、視線を街路樹に集中させます。周囲に対して閉じた建物ですが、内部は想像できないくらい明るく開放的な空間となっています。

月刊ハウジング(リクルート刊) 2007年1月号掲載

黒い本体部分とスパンドレル&アクリルによるリフレクター。

リビングダイニングはモノトーンでまとめている。リノリ ウムの床と珪藻土。実は健康素材。

南側・南側開口部は全てガラスになっており、リフレクターによって囲まれたデッキのみが見える。

大きなガラスからは夜景や男体山が望める隠れ家的スペース。

リフレクターの傾きがあるのでとても開放的なデッキである。

三角形の透明床を通し斜め上部から光が差し込む。彫刻的な空間。

この住宅事例を手掛けた建築家

星裕之

建築家 / @栃木県

独立して12年、「建築家」「住宅作家」として信用をいただけるよう、その王道を走ろうとしてきました。安易な下請けはしない、クライアントの不利益になるような協働はしない。だから工務店からの仕事も請けませんし、工務店系のプロデュース会社への登録も避けてきました。それは自分のためであり、クライアント、建築のためです。 そして最近は、「新しい」建築より「普遍的な」建築をつくりたいと強く感じています。それは意匠・機能・構造が高次元で融合されたものである必要があるかと・・・。必要な機能があり、プロポーションが良く、内部に入ったときの違和感がないこと。その上で何か特別な感覚を抱いていただけたらと思っています。