注文住宅

『木の下のマテリアル』柔らかさ、しなやかさをもつ住まい

実施エリア:

沖縄県沖縄市

延床面積:

120平米

内容:

住宅に限らず沖縄県の建築物はコンクリート造で築かれたものが圧倒的に多く、全体の9割を超える。大型の台風の存在がその理由の根底にはあるが、度重なる打合せの中から、硬質な印象を受けるコンクリート造の中に、木造の持つ柔らかさ、しなやかさを積極的に取り入れた建物とすることが掲げられた。違う素材の特性を巧く混ぜ合わせてあげる事で、過酷な環境の中でも、十分に楽しく快適な住まいは形成できる。