注文住宅

富士山麓の別荘 カラマツ林の傾斜地に建つ別荘

富士山麓の別荘 カラマツ林の傾斜地に建つ別荘 (外観)

外観

富士の北麓に広がるカラマツ林に位置する傾斜地に建つ別荘です。外壁、屋根は耐侯性の高いガルバリウム鋼板の竪はぜ葺きとしています。

富士山麓の別荘 カラマツ林の傾斜地に建つ別荘 (外観)

外観

富士の北麓に広がるカラマツ林に位置する傾斜地に建つ別荘です。外壁、屋根は耐侯性の高いガルバリウム鋼板の竪はぜ葺きとしています。

富士山麓の別荘 カラマツ林の傾斜地に建つ別荘 (リビングルームからダイニングを見る)

リビングルームからダイニングを見る

2面開放のガスFF式の暖炉によってリビングとダイニングが緩やかに区切られています。正面の大開口からはデッキ越しにカラマツ林の景色を楽しむことができます

富士山麓の別荘 カラマツ林の傾斜地に建つ別荘 (リビングルームからダイニングを見る)

リビングルームからダイニングを見る

2面開放のガスFF式の暖炉によってリビングとダイニングが緩やかに区切られています。正面の大開口からはデッキ越しにカラマツ林の景色を楽しむことができます。

富士山麓の別荘 カラマツ林の傾斜地に建つ別荘 (リビングダイニングとキッチン)

リビングダイニングとキッチン

オープンカウンターのキッチンとダイニング。2面開口の暖炉の炎を眺めながら食事ができるように計画しています。

富士山麓の別荘 カラマツ林の傾斜地に建つ別荘 (リビングダイニングとキッチン)

リビングダイニングとキッチン

オープンカウンターのキッチンとダイニング。2面開口の暖炉の炎を眺めながら食事ができるように計画しています

富士山麓の別荘 カラマツ林の傾斜地に建つ別荘 (リビングダイニングとキッチン)

リビングダイニングとキッチン

オープンカウンターのキッチンとダイニング

富士山麓の別荘 カラマツ林の傾斜地に建つ別荘 (リビングの2階への階段)

リビングの2階への階段

3ベッドルームの構成ですが、約12畳の2階部分に布団を敷くことで大人数の宿泊にも対応できるように計画されています

富士山麓の別荘 カラマツ林の傾斜地に建つ別荘 (リビングの2階への階段)

リビングの2階への階段

3ベッドルームの構成ですが、約12畳の2階部分に布団を敷くことで大人数の宿泊にも対応できるように計画されています。

富士山麓の別荘 カラマツ林の傾斜地に建つ別荘 (ロフトからリビングダイニングを見下ろす)

ロフトからリビングダイニングを見下ろす

2階のロフトは約12畳の広さがあり、大人数の宿泊に対応できます。ロフトからバルコニーに出ることもできます。

富士山麓の別荘 カラマツ林の傾斜地に建つ別荘 (ベッドルーム)

ベッドルーム

主寝室を含め3つのベッドルームがあります。それぞれに収納量のあるクローゼットが用意されています。

富士山麓の別荘 カラマツ林の傾斜地に建つ別荘 (バスルームとパウダールーム)

バスルームとパウダールーム

広々としたバスルームはオーナーご家族みんなで利用できるように計画されています。窓からはカラマツ林の景色を楽しむことができます。

写真の説明を固定表示

(OFFのときは写真にマウスオーバーで表示)

いい家!
2

この家がいいと思ったらクリック!

関わり方

設計, 監理, インテリア

用途

別荘

居住者

家族(子供2人以上)

所在地

山梨県鳴沢村

敷地面積

1048.2㎡

敷地の特徴

傾斜地

延床面積

192.92㎡

階数

2階建て

間取り

4LDK以上

期間

設計:6ヶ月 、施工:6ヶ月

完成時期

2010年01月

施工会社

株式会社 長谷萬

富士の北麓に広がるカラマツ林に位置する傾斜地に建つ別荘です。

ほぼ正方形の平面プランの中心に、正面のカラマツ林を見渡す事の出来る大きな窓を持つリビングルームは約5mのゆったりとした天井高さがあり、2面にガラスの開口を持つ暖炉を挟んでダイニングキッチンと繋がっています。リビング後ろの廊下を挟んで建物北側には3つのベッドルームを。南側にはパウダー・バスルームが配置されています。

リビングとバスルームに面する南側の外部には、木々に囲まれ開放的な約20畳ほどの大きなデッキスペースがあり、リビングの大きな窓を開け放つ事で内部と一体的な利用が可能となっています。

緩やかな勾配天井でリビング、ダイニングと一体となった2階部分には、リビングの延長のようなスペースがあり、東側のハイサイドライトから午前中の太陽光を部屋の奥まで導入します。このスペースは大人数での宿泊時には寝室として利用する事も可能です。

この事例の見どころや工夫したところ

屋根、外壁には通気層を設け、仕上材には耐久性の高いガルバリウム鋼板を使用しています。地域性を考慮し、断熱材とサッシには高性能なものを採用し、次世代省エネルギー基準に合致する断熱、気密性能を確保しています。

いい家!
2

この家がいいと思ったらクリック!

この事例のコンセプト

手掛けた建築家

富岡 真一郎 + 富岡 有希子

富岡 真一郎 + 富岡 有希子

杉並区浜田山を拠点に住宅、別荘、週末住宅、事務所ビル、商業施設の設計・監理を中心に北海道から九州沖縄まで全国で活動する建築家、設計事務所です。 今までどのような住まい方をされてきたのか、どんな暮らし方をしたいと思っていらっしゃるのか・・・、好きなことは何か、嫌いなことは・・・等々、じっくりと時間をかけた様々な対話と、建物の建つ敷地の持つ特質や条件、気候や周辺環境などの理解を通して見えてくることを形にしていきます。その場所で建築を通して体験することができる様々なシーンを想像しながら設計作業を進めていきます。 普段から家事を協力してこなし、様々なことを話し合い生活している夫婦ですので、日常の中で男性、女性両方の視点から、生活しやすく時間を過ごすのが楽しくなる場所とはどういうものなのか考えています。 ・ライフスタイルの変化や建物自体の経年変化にも対応でき、時代を経ても色あせない魅力をもつこと。 ・建築計画や設備、構造によって快適な室内環境を作り出し、無駄なエネルギーを必要としないこと。 ・内部の機能があふれ出てくるような、風景に溶け込み、主張しすぎないシンプルな外観のデザインとすること。 ・シンプルかつ機能的な中に、暖かさが感じられること。 ・家族が自然に集まってくるようにすること。 ・季節や時間の変化を楽しめるようにすること。 安心して早く帰りたくなる、住む方の個性が感じられるような場所を一緒に作り上げていきたいと考えています。

所在地

東京都杉並区成田西2-6-13

こんな相談ができます(匿名)

住宅事例や対応エリア・金額感についての質問や、打ち合わせの日程や内見同行の相談など、匿名で問い合わせ可能です。

富岡 真一郎 + 富岡 有希子さんのそのほかの住宅事例

この住宅事例を見ている人におすすめ

もっと見る

この住宅事例に関連するキーワード