注文住宅

『津幡町の家2』共有庭に面した屋外リビングのある住まい

実施エリア:

石川県津幡町

実施時期:

2014年

延床面積:

156平米

内容:

計画地は実家の周りをL字型に囲んだ旗竿地。
母屋となる実家には南に立派な庭空間があり、その庭を共有するように、新築建物も北側に芝張りの庭を設けた配置としています。 親子両世帯の住まいに囲まれた庭が、プライバシーの保たれたコミュニケーションの場となるように考えています。
また、屋根のある半屋外デッキは、雨天の多い北陸地方においても、二つ目の快適なリビング空間となり、内外をゆるやかにつなぎます。