注文住宅

ゆるやかに暮らす家~老後の暮らしがらくな家~

手掛けた建築家

設計、監理、エクステリア(庭・外構)を担当

ゆるやかに暮らす家~老後の暮らしがらくな家~ (外観)

外観

幹線道路沿いで、マンションや会社が建ち並ぶ中にポツッと建つ平屋は目を引き、ホッとする風景になっています。

ゆるやかに暮らす家~老後の暮らしがらくな家~ (リビング)

リビング

キッチンの前の大きな窓。都会に建つ家ですが、植栽の緑が見えて気持ちがすーっと伸びやかになります。

ゆるやかに暮らす家~老後の暮らしがらくな家~ (リビングダイニング)

リビングダイニング

キッチンのダイニング側はオープン棚に。小物や雑貨が置けて便利です。キッチンの奥はパントリー、さらに奥は納戸と家事がらくな間取りです。

ゆるやかに暮らす家~老後の暮らしがらくな家~ (キッチン)

キッチン

パッパッと手が届き、動きやすいL型キッチン。ライフスタイルに合わせてつくったオリジナルです。周囲の高い建物からの視線を気にせず採光できるように、天井を高くして、型ガラスのハイサイドライトから光を取り込みました。

ゆるやかに暮らす家~老後の暮らしがらくな家~ (ダイニング)

ダイニング

居心地の良いダイニングキッチンには人が集まります。娘さんやお友達とここでおしゃべりをするのが、奥さんの楽しみです♪

ゆるやかに暮らす家~老後の暮らしがらくな家~ (リビングダイニング)

リビングダイニング

窓や吹抜けへと伸びやかに視線が抜けるLDKは、実面積以上の広がりを感じます。お世話がしやすいように、ダイニングの横に介護が必要なご主人の部屋をつくりました。

ゆるやかに暮らす家~老後の暮らしがらくな家~ (寝室)

寝室

布団で寝るライフスタイルに合わせた、畳の寝室。窓下のニッチには、メガネや読みかけの本を置きます。タンスは古い家から持ってきた思い出のある桐箪笥です。

ゆるやかに暮らす家~老後の暮らしがらくな家~ (玄関)

玄関

玄関は広い土間にして、自転車を置けるようにしました。壁面収納にアウトドアグッズや工具類が収納できて便利。天窓から光が落ち、明るい玄関です。

ゆるやかに暮らす家~老後の暮らしがらくな家~ (納戸)

納戸

キッチンパントリーからつながる納戸は動線がよく便利。窓の下は室内で郵便物を受け取ることができてらくなポストの受け口です。

ゆるやかに暮らす家~老後の暮らしがらくな家~ (洗面所)

洗面所

シンプルですっきりとした掃除のしやすい洗面台

写真の説明を固定表示

(OFFのときは写真にマウスオーバーで表示)

いい家!
5

この家がいいと思ったらクリック!

手掛けた建築家

設計、監理、エクステリア(庭・外構)を担当

用途

自宅

居住者

夫婦・カップル

所在地

愛知県名古屋市

敷地面積

109.64㎡

延床面積

70.36㎡

階数

平屋

間取り

2LDK

期間

設計:6ヶ月 、施工:7ヶ月

完成時期

2017年08月

設計会社

悠らり建築事務所

手掛けた建築家のコメント

設計、監理、エクステリア(庭・外構)を担当

敷地は名古屋市の中心部に位置し、周辺に図書館や公園がある暮らしやすい街の幹線道路沿いの一角。幹線道路と敷地の間には街路樹と幅の広い歩道があるため、車の騒音が緩和されて落ち着きがあります。そこにお子さんの独立後、老後をゆるやかに暮らすための小さくて暮らしやすい家を計画しました。商業地域で周囲をマンションなど高い建物に囲まれているため、窓の配置と空間構成を工夫し密集地でも光や風を取り入れて気持ち良く過ごせる家を設計しました。シンプルだけど木の温もりのある空間に、奥さんがこだわって選んだインテリアや生活道具が映えます。毎日気持ち良く家事ができるように、ダイニングキッチンに大きな窓を設けて抜け感を出しました。窓から植栽が見えることで、都会に建つ家でも緑を感じながら心地よく暮らせます。また、老後の暮らしが楽にできるような家事動線や収納にもこだわり、暮らしやすい家にするためのちょっとした工夫も随所に。老後のゆるやかな日々の暮らしと、お子さんが帰省された時のにぎやかなひと時の両方を温かく包み込み、暮らすほどに愛着の湧く魅力的な家です。

家づくりのきっかけ・施主の要望

隣地境界線ギリギリまで迫っていた隣の会社の社屋が取り壊され、古びたトタンの外壁があらわになって、今なら工事もしやすいし、家もきれいにしたいしこのタイミングしかない!と建て替えを決意。子供たちの独立後、介護が必要になった夫と老後をゆるやかに暮らすための平屋を希望。今まで住んでいた古い家は、窓が少なく、暗くて風通しが悪かったため、光、風を取り込んで気持ち良く暮らせる家にしたいと望まれました。

この事例の見どころや工夫したところ

周囲をマンションなど高い建物に囲まれているため、視線を気にせず採光できるように平屋の一部を高くして型ガラスのハイサイドライトを設けて、光を取り込んでいます。天井に高低差があることで、重力換気により風通しもよくなります。老後をらくに暮らせるように、暮らしやすい動線、片づけやすい収納を計画しました。建物をシンプルなつくりにして、使用する建材を絞って工事の職種を減らすことでコストダウンしています。

施主の感想

ゆらりさんに提案して頂いた家は明るく開放的で、家事をしながら全体を見渡せる造りになりました。家族も友達もゆっくりくつろげると好評です。私が特に気にいっている所は台所横の大きな窓から見える縁側と中庭で、気持ちがのびのびとします。また、孫にとっては入口から和室までは、一直線にのびる足けり乗物の格好のコースで、すごいスピードで往復しています。この建替えはゆらりさん、紹介して頂いた吉富工務店さんはじめいろいろな方とのいいご縁で満足のいく家になり、とても感謝してます。年々愛着がわき、大事に住もうと思っています。

いい家!
5

この家がいいと思ったらクリック!

この事例のコンセプト

この住宅の写真

手掛けた建築家

安藤亨英・節子

悠らり建築事務所

安藤亨英・節子

対応業務

注文住宅、リノベーション (戸建、マンション)

所在地

愛知県名古屋市熱田区桜田町4-16

対応エリア

岐阜県 / 愛知県 / 静岡県 / 三重県 / 滋賀県

目安の金額

30坪 新築一戸建て

2,400〜3,300万円

60平米 フルリノベ

780万円〜

資料請求

専門家のことをもっと知るため、まずは資料請求してみましょう。作品集やカタログ、会社概要など、資料の内容については専門家にご確認ください。

こんな相談ができます(匿名)

住宅事例や対応エリア・金額感についての質問や、打ち合わせの日程や内見同行の相談など、匿名で問い合わせ可能です。

安藤亨英・節子さんのそのほかの住宅事例

もっと見る

この住宅事例を見ている人におすすめ

もっと見る

手掛けた建築家

安藤亨英・節子

@愛知県