戸塚の家 (ワンルーム空間)

ワンルーム空間

写真:鳥村鋼一写真事務所

戸塚の家 (リビングを見下ろして)

リビングを見下ろして

写真:鳥村鋼一写真事務所

戸塚の家 (収納棚のある階段スペース)

収納棚のある階段スペース

写真:鳥村鋼一写真事務所

戸塚の家 (リビングに繋がるオープン型階段)

リビングに繋がるオープン型階段

写真:鳥村鋼一写真事務所

戸塚の家 (陽ざしを浴びて)

陽ざしを浴びて

写真:鳥村鋼一写真事務所

戸塚の家 (大きな窓がある外観)

大きな窓がある外観

写真:鳥村鋼一写真事務所

いい家!

この家がいいと思ったらクリック!

用途

自宅

所在地

神奈川県横浜市戸塚区

「広さ」について

部屋の広さで一番重要なことは、実際の面積ではなくて、広く「感じる」こと。
この広く「感じさせる」空間の作り方は、様々な方法があります。教科書を書けるくらい、テクニックとして広く感じさせることができる。
この広く「感じる」空間の引き出しを豊富に持っているということは、秋山立花の強みのひとつです。

区画の広い、閑静な住宅街を歩いていく。分譲されてから今まで、長い年月の間、変わることがなかった景色も、少しずつ新陳代謝が始まっている。大きかった敷地をふたつに分けて建てられた、まだ新しい住宅がちらほらと目に付いた。
だから最初に敷地に案内された時は、やはり多少驚いた。
ここが敷地です。と通された場所は、広い区画のままの敷地でもなく、ふたつに分けられた分譲地でもなく、敷地の一角。母屋の駐車スペースだった。
車が一台とまれば、あとは人が歩く分の幅しか残らない、細い敷地。
だけどそこに、多くの友人が集まることができる広い空間を求められた。こんなふうに、一見、難題のように思えることを予想以上の結果で答えるのが建築家の真骨頂。
できあがった空間には、多くのご友人が招かれている。人が集っても、それを無理なく許容できる、懐の広い家になった。

写真:鳥村鋼一写真事務所

いい家!

この家がいいと思ったらクリック!

この事例のコンセプト

手掛けた建築家

秋山怜史

秋山怜史

秋山立花は社会と人生に新しい選択肢を提案する建築設計事務所です。 選ぶことのできる選択肢がひとつ増えれば、その分だけ人生や社会はゆたかになる。ということを信じて、人生のあらゆる場面に対して選択肢を増やしていきます。 いま、わたしたちの国、社会は多くの課題を抱えています。 そのひとつひとつに対して、秋山立花は新しい価値を創造します。 子育てと仕事の両立。 地域活性。 空き家問題。 墓地不足。 建築家の職能は社会のあらゆる場面で、創造的な役割を果たすことができます。 その可能性を追求していく事務所が、秋山立花です。

所在地

神奈川県横浜市中区相生町3-60 泰生ビル3階cosmos

資料請求

専門家のことをもっと知るため、まずは資料請求してみましょう。作品集やカタログ、会社概要など、資料の内容については専門家にご確認ください。

こんな相談ができます(匿名)

住宅事例や対応エリア・金額感についての質問や、打ち合わせの日程や内見同行の相談など、匿名で問い合わせ可能です。

秋山怜史さんのそのほかの住宅事例

この住宅事例に関連するキーワード

この住宅事例を見ている人におすすめ

もっと見る

秋山怜史

建築家 / @神奈川県