注文住宅

A邸 (造園家の家)

実施エリア:

岐阜県

内容:

玄関から真直ぐ奥に貫くように『通り土間』を配し、外部空間と内部空間に流動性を演出。
この『通り土間』にパッシブ空調の機能を持たせ、省エネルギー基準に適合させた現代 のエコジャパン建築を想定して計画している。 1階・2階ともに空調バッファゾーン(ダブルスキン)を南側に設け、日射による内 部空間の環境変化を抑えている。空調バッファゾーン(ダブルスキン)に面する2重 の建具により内部環境をコントロールできる様に配慮している。
●夏場-外部の水盤で冷やされた空気を室内に導く様に建物をL型-配置としている。
また、水盤→外部土間→内部土間→リビングと床と床の段差を小さく抑え、室内に空 気の流れを導入しやすくしている。
●冬場-通り土間の敷き瓦(蓄熱体)が太陽日射で暖められ→上昇気流により 2階バッファゾーンに暖気が上昇し、2階の個室を循環し内部空間全体に行き渡る事になる。 太陽エネルギーのパッシブ利用となっている。

通り土間

土間からリビング空間へ
 2階床梁・天井杉板パネルは表し仕上となっている。(剛床用構造パネル-Jパネル)
 羽子板ボルト等の金物類は木栓にて隠蔽納まりとしている。
 障子を構成する部材に関しても、露出梁の存在感に比例させるべく大きめのサイズとしている。

エントランスホール

玄関ホール見返し
 4面を木製格子戸で囲われた圧縮されたホール空間。
はれの空間とけの空間を切り替えるスペースにもなっている。
 建具の格子サイズに関しても、露出梁の存在感に比例させるべく大きめのサイズとしている。

リビング

リビングからキッチンを見る
 2階床梁・天井杉板パネルは表し仕上となっている。(剛床用構造パネル-Jパネル)
 羽子板ボルト等の金物類は木栓にて隠蔽納まりとしている。
 家族みんなで作業できるオープン形式のキッチンとしている。
 和の台所とせず、家族のライフスタイルに合わせたキッチン仕様としている。
 キッチンと同一視界に入る階段に関しても、和調に偏りすぎないデザインとしている。

リビングルーム

リビングからキッチンを見る
 手前の石貼りエリアには薪ストーブが置かれリビングの中心になる。
 障子上部は嵌殺しガラス欄間としている。

2階 子供室

2階 子供室+ロフト
 陸梁の上の束はコミセン納まりとしている。
 傾斜天井は野地板仕上となっている。野地板上面に断熱材+ゴムアス防水シート+一文字瓦の順で施工。
 瓦と断熱材の間に空気の流れが有るため、天井裏断熱に比較して断熱効果が高い。
 屋根の大垂木を露出する事で骨太な空間演出としている。

2階 子供室

2階 子供室+ロフト
 障子の向こう側は南面した空調バッファゾーンとして機能している。(南面からの環境変化を軽減させる機能となっている)
 バッファゾーンの床はスノコとなっており、1階 通り土間と一体空間となっている。

和室

1階 和室客間
 床の間床には水流を演出するべく流紋柄の石を敷き流れを表現している。
 障子を開ければ水盤が表れ、床の間にも水流が表現され、小舟からの風景を表現している。
 床柱には節付きのコブシの香木・落し掛けには杉の板目材・天井には杉の赤身板を使用している。
 武骨な空間の母屋とは異なる繊細な空間演出としている。

和室

1階 和室客間
 天井高を低く抑え母屋エリアとは異なるスケール感を演出。
 天井構造材を露出している母屋との対比として、天井構造材を隠蔽し構造材によるスケール感を消している。
 木製建具を構成する部材は母屋に比較して2サイズ小さくし繊細に表現。
 雪見障子(摺上障子)を上げると水盤が表れ、水面に浮かぶ小舟のイメージ。船形窓や船底天井のデザイン
 水盤からのリフレクションが天井面にゆらゆらと写り込み水辺をイメージできる。

アプローチ 外観

軒高を抑える事で、階段アプローチ時の威圧感を軽減している。
 また、軒先を軽量な板金一文字葺きとし低い軒先の圧迫感を軽減させている。
 玄関→土間→中庭に向かうシークエンスにおいて、玄関で空間を圧縮し中庭で空間を膨張させる演出。
 造園家の施主自らの手で、ルーラルランドスケープをテーマにした造園を整備中。
 2階の欄間開口部から屋根裏の構造が良く判る。(大垂木工法)
 数寄屋とは異なる武骨な民家空間を演出している。

外観 夜景

軒高を抑える事で、階段アプローチ時の威圧感を軽減している。
 また、軒先を軽量な板金一文字葺きとし低い軒先の圧迫感を軽減させている。
 玄関→土間→中庭に向かうシークエンスにおいて、玄関で空間を圧縮し中庭で空間を膨張させる演出。
 造園家の施主自らの手で、ルーラルランドスケープをテーマにした造園を整備中。
 2階の欄間開口部から屋根裏の構造が良く判る。(大垂木工法)
 数寄屋とは異なる武骨な民家空間を演出している。