注文住宅

大和郡山の家

大和郡山の家 (収納たっぶりなリビング)

収納たっぶりなリビング

Photographed by STUDIO REM 平 桂弥

大和郡山の家 (開放感あふれるリビング)

開放感あふれるリビング

Photographed by STUDIO REM 平 桂弥

大和郡山の家 (落ち着く和室)

落ち着く和室

Photographed by STUDIO REM 平 桂弥

大和郡山の家 (リビングと一体感のあるテラス)

リビングと一体感のあるテラス

Photographed by STUDIO REM 平 桂弥

大和郡山の家 (木格子が目を引く外観)

木格子が目を引く外観

Photographed by STUDIO REM 平 桂弥

いい家!

この家がいいと思ったらクリック!

種別

注文住宅

居住者

家族(子供1人)

所在地

奈良県大和郡山市

延床面積

133㎡

現場は、高度経済成長期にまとめて建てられた建売住宅の一角にある。四方を隣家に囲まれ、南側は擁壁によって地盤が2mは高く隣家がより迫って感じる。北側6mの前面道路でガレージは自動車2台分が必要とのご要望であり、玄関スペースを加えると9m弱の間口はそれでいっぱいになる。それでも南の眺望が開けていれば何も問題はないのだが、期待できないことから、2階をリビングにすることを勧めた。
1階は主寝室と子供室を配置。子供室は現行1室で使用し将来2室で仕切れるようにした。またどちらかのご両親との将来の同居に対応すべく、給排水の先行配管を施した。2階がリビングになったことから玄関より2階へ上がるアプローチには、坪庭を造ったり2階天井部をガラス床にしたりと仕掛けを用意し、上がることが苦にならないよう配慮した。
リビングの中心は南側に配置し一応の完了を得たのだが、最後にもう一度確認ということで、解体前の既存建物の2階へ上がりViewをチェックしたところ、南側は視線もあり風景もよくない。むしろ道路を挟んで隣地の視線はあるものの、その向こうに広がる古墳の(これが奈良らしい)森風景を持つ北側のほうがあきらかに気持ちがよかった。再度プランを練り直し、リビングの中心を北側へ配置し北へ開いたプランへと修正し、最終プランへと納まっていくことになっていったのであった。
南側を重視しない計画にはやや勇気がいる。施主も工事中は不安であったと思うが、明るく開放感のある空間が出来上がったことで喜んでいただいている。

家族構成夫婦+子供1人
法規都市計画区域内 市街化区域 第一種住居地域 建ぺい率60% 容積率200%
構造・工法主体構造 木造在来金物接合工法 モッケン金物工法
構造材  集成材
基礎   ベタ基礎(地盤:柱状改良補強)規模地上2階+ロフト
敷地面積 130.99㎡ 39.62坪
床面積  1階 53.00㎡
     2階 57.96㎡
延床面積(法規上) 133.31㎡ 40.32坪主な仕上外壁 ニチハモエンサイディング張
   ユメロック塗装(ロックペイント)
   ベルアートSi
   スタッコ吹放し(エスケー化研)
内壁 珪藻土クロス貼 一部ラーチ合板張
天井 クロス貼
床  信州南波から松(木童)
   ラッペンワックス仕上(プラネットジャパン)
屋根 ガルバリウム鋼板 瓦棒葺施工伊万里建設株式会社
株式会社山本(安)工務店
Photographed by STUDIO REM 平 桂弥

いい家!

この家がいいと思ったらクリック!

手掛けた建築家

和泉屋勘兵衛

和泉屋勘兵衛

よく話し、よく作る。 永く使われていくものだから 住み手のあふれる想いを十分に受け止めて それらを包含しながらも 何もなかったような シンプルな空間に仕立てていきたい。 時間をかけてよく話し 時間をかけてよく作る。 そうすることで、唯一無二の答えが見えてくる。 時が経ち そんな住み手や作り手の熱が、建物から引いた時 それでも愛されていたなら、本物なんだと思う。

所在地

兵庫県川西市鼓が滝3-26-52

資料請求

専門家のことをもっと知るため、まずは資料請求してみましょう。作品集やカタログ、会社概要など、資料の内容については専門家にご確認ください。

こんな相談ができます(匿名)

住宅事例や対応エリア・金額感についての質問や、打ち合わせの日程や内見同行の相談など、匿名で問い合わせ可能です。

和泉屋勘兵衛さんのそのほかの住宅事例

もっと見る

この住宅事例に関連するキーワード

この住宅事例を見ている人におすすめ

もっと見る

和泉屋勘兵衛

建築家 / @兵庫県