別荘

軽井沢の別荘

種別:

別荘

エリア:

長野県北佐久郡軽井沢町

内容:

老夫婦が1年の内数か月を過ごされる別荘の建て替えを行った。
車椅子生活も視野にバリヤフリーであることや子供家族が宿泊する際には寝室にいてうるさく無いようにといったご要望から設計していった。
敷地は高々と育った松やもみじに囲まれ、日当たりが限定されていることや他の別荘の配置との関係等を読み込んで、建物の配置や窓の位置を検討した。
その結果、リビングと寝室は分離して別棟のような形態とし、陽だまりにリビング・ダイニング・キッチンを配置しアプローチ側に寝室棟を設けることとした。
半地下倉庫もご要望されていたのでリビング下を倉庫にすることでリビングの床をやや持ち上げ、日当たりをより確保するとともに隣接するキッチンとの段差によって炊事をする人とリビングに座る人と視線が合うようにした。

車椅子生活も視野に入れリビングへと向かう廊下はスロープとし、床材はサイザル麻とした。

バリアフリーを考慮し洗面と浴室は床暖房を入れたタイル床とした。

浴室脇のトイレは浴室側からも使用できるバリアフリー仕様とした。

石原 潔

アトリエスプリングのSpringという単語には湧水・水源→原動力・動機という意味や、はねる・飛び立つ→弾力・活力といった意味もあります。 建築が都市や暮らしの仕掛けとなり、様々なプロジェクトや生活の原動力になるようにと考えています。