本庄の家 (南側外観 1)

南側外観 1

2階にはスチールのバルコニーが突出しています。 撮影:スパイラル 小林浩志

本庄の家 (居間から客間を見る)

居間から客間を見る

2階分の吹き抜けを持つ居間から客間の和室8帖を見る。 撮影:スパイラル 小林浩志

本庄の家 (居間からオープンキッチン側を見る)

居間からオープンキッチン側を見る

撮影:スパイラル 小林浩志

本庄の家 (2階寝室)

2階寝室

1階と違い洋風にし、右側にはバルコニーがあります。 撮影:スパイラル 小林浩志

本庄の家 (浴室)

浴室

浴室の壁は青森ビバです。外には3帖ほどの内庭があり、心和む時が過ごせます。 撮影:スパイラル 小林浩志

本庄の家 (玄関)

玄関

玄関は壁には下地窓をあしらった数奇屋建築のような静かな住まいです。 撮影:スパイラル 小林浩志

本庄の家 (玄関側外側とアプローチ)

玄関側外側とアプローチ

左手に見える堀の中が便所・浴室の前の中庭となっています。浴室の壁は青森ヒバです。外には3坪ほどの中庭があり、心和む一時が過ごせます。 撮影:スパイラル 小林浩志

本庄の家 (道路側外観)

道路側外観

外壁は杉板に柿渋塗り。 撮影:スパイラル 小林浩志

本庄の家 (道路側から見た全景)

道路側から見た全景

撮影:スパイラル 小林浩志

いい家!

この家がいいと思ったらクリック!

所在地

埼玉県本庄市

延床面積

45㎡

田園風景の中にあって、あたかも古民家を連想させるかのような大屋根造りに瓦を載せた切妻の清楚で力強い屋根を作りたかったのですが、そこに突如としてスティールのバルコニーが瓦屋根を突き破って突出する。騒々しさではなく、その静寂を破る緊張感が主題でした。それは古典的な瓦とスティールという異質な素材を対比させる事で生じる緊張感だとも言えるでしょう。

いい家!

この家がいいと思ったらクリック!

手掛けた建築家

小林英治建築研究所

小林英治建築研究所

人の顔がそれぞれ違うように、個性も違えば価値観も違います。建築も同様に一品生産である限り同じものは二つとありません。その様々な物に対応できるよう、私達は無駄を排したシンプルな住まい方の住宅を提案し、またその地域の特性を生かした和洋を問わず、住む人の心に響く建築を創りつづけて行きたいと思っています。

所在地

東京都町田市玉川学園4-17-17-207

資料請求

専門家のことをもっと知るため、まずは資料請求してみましょう。作品集やカタログ、会社概要など、資料の内容については専門家にご確認ください。

こんな相談ができます(匿名)

住宅事例や対応エリア・金額感についての質問や、打ち合わせの日程や内見同行の相談など、匿名で問い合わせ可能です。

小林英治建築研究所さんのそのほかの住宅事例

もっと見る

この住宅事例に関連するキーワード

この住宅事例を見ている人におすすめ

もっと見る

小林英治建築研究所

建築家 / @東京都