注文住宅

一宮の家

実施時期:

2013年5月

内容:

間口8.5m×奥行30mの細長い敷地に沿って、まとまりのあるボリュームを連続的につなげた木造2階建ての住まいです。
各ボリュームにはそれぞれ異なる床レベルを設定し、敷地の奥に行く程レベルを下げることで流れるような空間構成をつくっています。仕切られている様なつながっている様な不思議な連続感の中で、各ボリュームのサイズ・プロポーションの変化がアクセントとなり、心地よさとして感じられるよう意図しています。

服部信康建築設計事務所との共同設計