注文住宅

府中の家

費用:

2400万円

実施エリア:

東京都

実施時期:

2014

内容:

間口6.5m×奥行18mの南北に長い敷地。
北側の道路から南の庭に向かって、スリーブ状に箱を引き延ばした住宅です。

「架構(柱・梁)の単純化」と「空間を豊かにする複雑化」は、コスト面において相反関係にありますが、工事費が高騰化している昨今ではそのバランスの見定めがより重要になっています。

そこで、この住宅では建物間口の幅は固定し、高さ(床レベル)だけを変化させて豊かな空間に展開していくことを試みました。

階の間に天井高1.4mのスペースを挿入し、床を半階分ずらしてロフト収納や吹抜けなどに充てつつ天井高さと奥行を細かく変化させながらワークルーム・LDK・ファミリールーム・寝室・・・と、それぞれの用途に見合った「空積の場」をつくりました。