注文住宅

菅野邸

エリア:

宮城県仙台市青葉区

内容:

仙台市街地の端に位置するこの敷地は、深い緑に囲まれた、小高い丘の上にあります。そこで建物はコンパクトで抽象的なカタチとし、ブロックを積んだようなその隙間から周囲の自然を常に感じられる住宅としました。
第2のリビングとでも言うべきゲストルームは、半地下部分に埋め込まれており、連続する外部空間も同様に半地下に掘り下げることで、溢れる緑以外余計なものは一切排除された、非日常的な空間となっています。
この住宅はあらゆる場所で内と外が混ざり合い、自然の刻むゆっくりとしたリズムが日々の生活に溶け込んで、より豊かに演出してくれます。

ブロックを重ねたようなダイナミックな外観

白い箱が周囲の緑に浮かぶように建っています

内外の区別のないスケールの大きなリビングダイニング

庭の樹々と一体となった開放的なリビングダイニング

半地下のゲストルームに続く吹き抜け

半地下のゲストルームは、樹々の緑しか見えない非日常的な空間になっています

半地下のゲストルームからダイニングを見上げる

玄関を入ると、目の前に庭の緑が広がっています

このプロジェクト事例を手掛けた建築家

岸上 昌史

建築家 / @宮城県

住まい方について掘り下げ、クライアントと共に考えることで、クライアントの想いや夢を少しでも広げたり、新しい価値観を再発見していただくお手伝いをしています。その対話の中から、言葉に出来ない微妙なニュアンスをも汲み取り、その土地の特性に合わせた、大らかで豊かな空気感をまとった住まいを御提案しています。

岸上 昌史

建築家 / @宮城県

この専門家のプロジェクト一覧