二世帯住宅

二世帯の木の家

実施エリア:

埼玉県

内容:

配置計画は、周囲の環境を取り込み、
窓は絵画が飾ってあるような美しい景色が眺めることができます。

二世帯の距離感を空間でさりげなく作り出す、
心地の良い導線計画が施されています。

また、通風計画により、熱がこもらず、夏も涼しく過ごせます。

木を伐採しに、森に行くところから始まり、
地域の山、品質のよい西川材によって建てられた、
環境に密着した美しい、木の家です。

キッチン

コンパクトなキッチンだが、必要な収納棚を機能的につくった。 右手上部にある窓は キッチンを明るく、熱や湿気がこもらないようにしてくれる。 お気に入りのキッチンです。

外観

山を背後に美しい自然に囲まれている。
家の手前はお施主さんが作った庭と家庭菜園が見事。

おとうさんの空間

お父さんの空間は、
動きやすいよう、居間を中心に
玄関、キッチン、寝室が、くっついている。
南の窓は前庭に、北側の窓は裏庭につづく。

お父さんの寝室

お父さん用の寝室、三帖。
居間に面して、フルオープンになる。
明るくオープンな空間。

お父さんのキッチン

コンパクトだが、必要なところに必要な収納があり、使い安い。
大き目のカウンターでは、ちょっとした食事もできます。
キッチンの奥は脱衣所で、子供世帯の空間に。
適度な距離感が保てます。

ダイニング

ダイニングの家具や棚は全て造作で。
コンパクトな空間だが、収納が必要な分だけあるので、
散らからないですごせる。
大黒柱以外の構造材や、床材も西川材で。

リビング

吹き抜けになっていて夏でも涼しい。
シンプル、コンパクトで使い安い空間。
左の太い大黒柱は、伐採に立ち会ったときのもの。
テレビ台は造作品。

吹き抜け

リビングの上は吹き抜け。
家の換気を促します。

茶室

リビングの奥は茶室。
中央に炉を切っています。
右奥の可動式床の間は、
来客人数や、席の構成に合わせて
移動できるようになっています。
家の一角に茶室があると落ち着きます。

寝室

天井は貼らずに、屋根の勾配が見えるので、
七畳が、もうちょっと開放的で広く感じます。

寝室 収納

寝室の収納は、寝具とは別に本棚もつくりました。

ウォクインクロゼット

四帖のウォークイン。
適度に採光を取っているので、明るく使い安い。

予備室

予備室の奥のバルコニーの向こうには
美しい郊外の景色が広がります。
眺めのいいこの部屋は、
自然にご夫婦の趣味室になったようです。

大黒柱の伐採風景

家の大黒柱となる木を地元西川材の森に採りに。
ご夫婦で木が倒れるところを見守ります。