注文住宅

『六供後の家』門型ファサードのモダン住宅

実施エリア:

長野県

内容:

建築主は、30代中盤の同年代のご家族。
デザインへの理解力が高く、モダンなスタイルを気に入って頂けました。

シマシマブラインドのリビング

リビング南面は、大開口+バーティカルブラインド。
佐久市は寒冷地に属する為、冬季の寒さを基軸に考えます。
吹抜け上部からの日射しの熱は、ウォールナットのこげ茶色の床面が蓄積し、
床暖房を設置していないのに床はポカポカ。床色1つでも温熱環境に影響すると実感しました。
夏は太陽高度が高くなる為、南側の軒の出で日射しの入りは遮断されます。
モダンなスタイルでも、伝承される先人の知恵は取り入れます。
バーティカルブラインドは、布の角度の調整で室内への入射光を調整できます。

ヌケヌケリビング

リビング上部は、建物内の中心的な10帖の吹き抜け。
2階の個室と連続する空間構成は、常に大きな一室で生活している身近さがあります。

アカアカキッチン

シンプルな室内の色彩にアクセント色として、【アカ】を採用しています。
キッチンの他にも、室内扉とロールカーテン。
床板のウォールナットの赤みとのバランスも相まって、しっくりと溶け込んだアクセント色です。

畳室よりリビングを見る

キッチン―食堂―リビング―畳室の連続空間。

ゴロゴロ畳室

リビングと連続する畳室。
子供達が転がって、遊んで、昼寝して。
洗濯物を取りこんで、フローリングには置きたくないけど、畳の上なら広げてアイロン当てて。.
3月には雛人形で、5月には五月人形を飾って。
来客の際には、布団を敷いて寝室に早変わり。
冬はやっぱりコタツでミカン。
リビングの一角にある畳室は、体に染み付いた和の生活スタイルを受け入れてくれます。

2階廊下-スライド格子

暖房効率を高める上で、もっとも簡単な事は、暖房空間を小さくする事です。
大空間1室の室内も、建具の仕切り方で暖房対象空間を小さく変換できます。
同時に夏季は南面~北面への通風の確保が必要です。
左側の格子は、わずか35mmだけ動きます。
この35mmで格子になったり壁になったり、季節に合わせてスライドさせます。

スケスケ階段

建物北面に突き抜ける、蹴込を省いたスケスケ階段。
採光と空間の拡張性のひと工夫です。
「玄関→リビング→階段→2階へ」と回遊する動線計画が、家族のコニュニケーションを促す事でしょう。。

タナタナ勝手口

キッチン背面に配置した勝手口への通路兼食品庫。
壁一面の棚で、生活の雑物はなんでも受け入れます。
シンプルに片付いた生活を送る為には、十分な収納の存在が前提となります。

ハデハデトイレ

ご夫婦二人の一致した意見は「派手なトイレ」。
居室をシンプルにまとめた一方で、トイレを思いっきり遊んで派手派手に。
クロス張りの為、将来シンプルにするも、更にド派手にするも可能です。
家造りの際には、こんな遊び感覚を盛り込む事で、生活にもちょっとしたワクワクが生れます。
建築主のご夫婦は、来客や友人に「ちょっとトイレ貸してね」と言われる度にワクワクされている事でしょう。

門型外皮のガルバリウム鋼板

門型の外皮はガルバリウム鋼板。凹んだ白壁はモルタル壁。
ガルバリウム鋼板とは、現在屋根材を中心として多用されており、耐久性が高く・リーズナブルな板金材です。
外装材の選定では、デザインもさることながら、耐久性と防水性を主に検討します。
モダンなスタイルでは、軒の出を出さない方が美しくなりますが、性能に反します。
その点を材料選定と形態操作でカバーしながら、辿り着いた『門型』です。