注文住宅

帆居 hammock house

実施時期:

2012年竣工

内容:

古くからの住宅地の2つのナナメの地形・・
2つの街区の流れがぶつかる谷に出来るナナメの敷地境界ライン。
2階の床レベルに現れる、街区の甍の波の勾配のかさなり。
ナナメの境界ラインと北側斜線の勾配に合わせた2つのく折れの壁が帆となり、甍の波をわたる風と光が室内をぐるんと巡り、ハンモックをゆらす。
波間に浮かぶ、帆船のデッキのような家。

松井哲哉 / 村田知子

家具・住宅から店舗・公共施設まで、 「人」「時間」「自然」などのつながりを大切に、 さまざまな「想い」を形に、より豊かで心地よい空間づくりをしています。 環境問題、健康、安全、景観、まちづくりなど、 現代における社会的な要求にも耳を傾け活動しています。 つながる・つなげる 渦 = UZU あらゆるものはつながっている、、触媒としての建築を。 私たちならではのアイデアで、ジャストフィットした提案をさせていただきたいと思っています。

この専門家のプロジェクト一覧