別荘

八ヶ岳の別荘

種別:

別荘

実施エリア:

山梨県北杜市

実施時期:

2014年

延床面積:

488平米

築年数:

2年

内容:

東京から月に2~3度ほど八ヶ岳に訪れるクライアントとその家族のため、別荘兼仕事場として計画された。緩やかに傾斜のついた敷地の南側には南アルプスを望み、北側には八ヶ岳という抜群のロケーションを活用し、南北に大きな開口部(Low-Eペアガラス)を設け景観、採光、通風を意識したデザインとなっている。また、構造は八ヶ岳の厳しい寒さに耐えられるように鉄筋コンクリート造を採用し、内外の仕上げには安く仕入れることができた地場産の木材(アカマツ)をふんだんに使用した。
施工は同じく寒さの厳しい軽井沢の建設会社に依頼したことも、現場で色々な知恵を採用できたため功を奏したと言える。