注文住宅

回遊する家(S邸)

実施エリア:

奈良県

内容:

「吉村順三直伝の最たるものに、家の中の回遊性がある。」と宮脇檀が彼の著書に書いているように、家の中をグルリと回れるような部分をつくることは、両巨匠が常に意識していた設計手法である。
とかく、個室の数で評価される風潮にある現代の大多数の住宅は一方通行的な単純な動線だけで構成されていて退屈で、楽しさがないわけである。この家の主は当初建物の周囲にバルコニーを巡らせるプランを希望された。そこで2階の東・西・南に連続したバルコニーを設け両端を屋内動線と繋げた。これにより各部屋で留まるだけでなく、それらの間を動き回る楽しさが、生まれたわけである。1階も同様にリビング→ダイニング→キッチン→ユーティリティ→リビングと回遊性をもたせている。

この作品は、雑誌「住まいnet関西vol.8」に掲載されました。

中庭

中庭はウッドデッキとし、半屋外空間としての機能を持つ。セキュリティーのために引き戸を設けているが、戸を開放すると四台分の駐車場を兼ねた外庭と一体化する。