注文住宅

つばきの郷の家

実施時期:

2014年2月

延床面積:

129平米

内容:

「板塀で囲われた中庭」
準工業地域内の新しい区画整理地において、道路向かいに大きな建物が建つことを想定し、外壁と一体的な板塀で囲われた中庭のある住まいを提案しました。 落ち着きある仏間は独立させ、LDKと水廻りが庭に面するシンプルなプランで、緑を身近に感じられる機能的なかたちとなっています。

福田康紀

家づくりは対話の積み重ねです。同じ価値観を共有できるパートナーと何でも話し合い信頼関係を築いていくことが大切だと考えています。古くからの友人、知人のような関係で共に家づくりを楽しみたいと思っています。