注文住宅

関町北の家

エリア:

東京都練馬区関町北

実施時期:

2010年

内容:

この住宅は、北側が道路でそれ以外は住宅に囲まれた敷地にあっても家の中は「明るく陽射しを感じられる家」とすることが求められた若いご夫妻の為の住まいです。
シンプルで機能的なプランでありながら、ぬくもりを感じる家としたものです。構造は木造、在来軸組工法(屋根は垂木構造)による33坪程の住宅です。
~明るく風通しの良い家~
住宅が密集する敷地でも陽射しを感じることができるようにすべくこちらで手がけている住宅における設計手法のひとつとしている「大型のトップライト」や「床用ガラス」といったものを用いた家です。
~ワンランク上の家~
奇をてらうようなデザインよりも質の高い家としたいというご要望に応えるべく、予算の許す範囲で建物の耐震・耐久性、断熱、防水、設備計画といった面で性能の高い素材や工法を用いた住宅です。
~フラット35S+エコポイント取得の家~
省エネ等級4の仕様の他、今日の住まいの基本的な性能+αとした家です

左手はダイニング、右手正面はウッドデッキを設けた南庭。
オレンジのレザーを貼った枠なし引き戸の奧がキッチン。

「キッチンは対面式ながら、リビングやダイニングからは直接見えないように」というご要望を受けたキッチンです。
ご夫婦で一緒にキッチンに立つことが多いとのことから通路は広め。
キッチンからは、リビングやダイニングだけでなく、たたみの間、更に階段を見通すことができます。

手前は造付けの作業台+キャスター式の可動棚
奧の窓下は分別ごみボックスを格納

勝手口の左手は宅配箱置場、右は宅配ボックス

さまざまな用途に利用するたたみの間
壁収納畳コーナー

正面のクロゼットの引き戸は、壁と同材で仕上げたもの
床は杉板、着色ステイン仕上げ

奥行50センチの引出し

「階段を通じて階下に自然光を採り入れ、ここから自然な換気をはかる」
ということが、この家のテーマのひとつでした。
これを実現すべく計画した、家の中心部に位置する階段です

2階の洗面脱衣室内の物干場上部に設けたトップライト

洗面台部の窓は鏡の上下とすることでお化粧がしやすく換気上も有効

下階のダイニングに光を採り入れるもの

外構の床は、ウッドデッキ以外の部分は白玉石敷き(反射光を室内に導くと同時に防犯対策が目的のもの)

登り坂の途中に位置する家です。
外部は、打放しコンクリート(基礎・擁壁等)、こて塗り仕上げの外壁、黒い金属(サッシ、軒天等)という3種類の素材や色で統一した家です。

このプロジェクト事例を手掛けた建築家

中川龍吾

建築家 / @東京都

建築や家づくりに大切な事は、設計の能力は当然の事ですが、建て主さんとのコミュニケーション、技術力、監理をしっかり行うことも非常に重要な事だと考えています。 建て主さんの要望に応える以上の建築を提供することで、結果として納得のできる建築・家づくりを行うことを心がけています。