注文住宅

HA-KU-A 高石

HA-KU-A  高石 (昼間外観)

昼間外観

外壁は白洲そとん壁の掻き落とし仕上げ。メンテナンスフリーと云われる素材の高機能で採用しました。自然の素材感も満点です。

HA-KU-A  高石 (夜景外観)

夜景外観

コンクリート打ち放しの部分は高塀、奥の部分に白壁の住宅部分が有ります。 照明の配置も慎重に計画していて、夜の雰囲気も大切にしています。

HA-KU-A  高石 (LDK)

LDK

アジアンなインテリア、自然素材に拘れば落ち着いた空間が造れます。

HA-KU-A  高石 (階段室)

階段室

天井はタモ材を加工した細密ルーバー天井、壁はドイツ漆喰、床はウォールナット無垢フローリングなど自然素材に拘りました。

HA-KU-A  高石 (キッチン)

キッチン

システムキッチンは家具として製作しました。 外国製の食器洗浄機、野菜保管庫など組み入れました。

HA-KU-A  高石 (LDKの間接照明)

LDKの間接照明

壁は調湿性能の高いドイツ漆喰塗り、天井と建具は国産のタモ材を加工して製作しました。長押の中にLEDの間接照明がビルトインされていて、天井細密ルーバーを優しく照らします。

HA-KU-A  高石 (LDKと和室)

LDKと和室

階段を上がって格子戸を開けるとLDK空間が広がって見えます。 勾配天井で高さも有るので更に広く感じることが出来ます。

HA-KU-A  高石 (和室とLDK)

和室とLDK

LDKの中にある和室は一段上がっていて天井が有りません。LDKの中に「入れ子構造」のようにビルトインされた形になっています。 障子で仕切られているだけなので、とても解放感が有ります。

HA-KU-A  高石 (和室)

和室

小上がりした和室。 天井と同じタモ材で製作した竪繁格子によって稠密で繊細な和空間が現出しました。床下にはスライド式の収納を確保しています。

HA-KU-A  高石 (LDK)

LDK

40畳ある大空間。 天井はいつもの木製細密ルーバー天井。 壁はドイツ漆喰を全面に塗っております。 床は無垢のウォールナットに蜜蝋ワックスで仕上げました。

HA-KU-A  高石 (階段室)

階段室

階段の側壁には102枚の柿渋和紙を下部から一枚一枚丁寧に貼り上げました。 糊はビニルクロスで使う化学糊ではなく、本物の澱粉糊です。 化学糊は硬化すると「呼吸」しませんが、澱粉糊だと呼吸する壁となり、抜群の調湿性能を発揮します。また柿渋を塗ることで素材を強化、抗菌化された和紙は経年変化で更に渋い色味へと経年変化を愉しむことが出来ます。

HA-KU-A  高石 (木製目隠しスクリーン)

木製目隠しスクリーン

目隠しスクリーン、及びその意匠を揃えた木製建具とは、国産タモ材を加工して製作、自然塗料で染色しました。大理石を相性の良い色目を選択しております。

HA-KU-A  高石 (トイレ)

トイレ

床は玄昌石風のタイル、壁と天井は洗える「漆喰」、腰壁にはベネティアン・ガラスモザイクタイル、を採用、カウンターはオリジナルで製作しました。

HA-KU-A  高石 (階段室)

階段室

階段はスチール製のストリップ階段とし解放感を演出。 背面の壁には柿渋和紙を貼ることで素材感を演出しました。

HA-KU-A  高石 (玄関収納)

玄関収納

タップリの容量を確保した玄関収納。クローゼット機能も付け、スラブ蓄熱輻射暖房も入れたので極寒の日でも普通に脱ぎ着することが出来ます。

HA-KU-A  高石 (玄関)

玄関

玄関戸の両脇は格子入りの硝子として明るさと透明感を導入しました。大理石を使うと更に高級感が増します。

HA-KU-A  高石 (玄関ホール)

玄関ホール

床はウォールナット、壁は大理石とドイツ漆喰、天井は漆喰、正面の壁は柿渋和紙貼りです。

いい家!
3

この家がいいと思ったらクリック!

種別

注文住宅

所在地

大阪府

費用

設計・施工:8000万円

徹底して自然素材に拘った住宅です。
木材、漆喰、天然石、鉄、といった元々素材の持つ潜在力を存分に引出し、相性の良いものどうしを組み合わせることによる相乗効果を狙いました。
構造的にはSE構法を採用することで、等級3の耐震性を獲得するとともに空間の自在性も同時に実現しました。
屋根の18KW発電の太陽光パネルとエネファームによるダブル発電、高気密高断熱にも配慮した省エネルギー型の住宅です。

いい家!
3

この家がいいと思ったらクリック!

手掛けた建築家

北野彰作建築研究所

北野彰作建築研究所

かつて「普請道楽」という言葉が在りました。建築することが究極の趣味=道楽だという意味です。また一方「三回経験しないと満足する家は得られない」という趣旨の言葉もあります。しかし一般的にはそう何度も家を建てる機会は有るものでなく、一生に一度あるか無いかの一大事業です。一度限りの家造りで「普請」する事の醍醐味を安心して味わっていただくために長年の経験と技術で全面的にサポートする、それが弊事務所のモットーです。

所在地

大阪府大阪市天王寺区悲田院町8-26-808

資料請求

専門家のことをもっと知るため、まずは資料請求してみましょう。作品集やカタログ、会社概要など、資料の内容については専門家にご確認ください。

こんな相談ができます(匿名)

住宅事例や対応エリア・金額感についての質問や、打ち合わせの日程や内見同行の相談など、匿名で問い合わせ可能です。

北野彰作建築研究所さんのそのほかの住宅事例

この住宅事例に関連するキーワード

この住宅事例を見ている人におすすめ

もっと見る

北野彰作建築研究所

建築家 / @大阪府