写真の説明を固定表示

(OFFのときは写真にマウスオーバーで表示)

いい家!
3

この家がいいと思ったらクリック!

所在地

岐阜県

延床面積

240㎡

階数

2階建て

大きな木を中心に空が開かれた家

「中庭が欲しい」「家の中でピクニック」というクライアントの言葉を手がかりに中庭に植えられる一本の大きい木とそれに寄り添った建築の形や空間の構成が導かれた。

敷地は岐阜市中心部から少し離れた畑等が点在する土地であるが、新しい住宅が早いスピードで建ち始めている。

通常、ある程度のまとまりを持った中庭の建築は閉鎖的につくられるが、一定のプライバシーを保ちながら、中庭の存在が公共(街)に対しても少し開放された様な在り方を考えた。

ハザードマップによる浸水を考慮した上で、内部と中庭のレベルを道路のレベルから1.2m上げ、道路からの視線を柔らかく遮る。

道路側の駐車場はできる限り高さを低く抑え、その上を緑化された屋上テラスとした。

中庭には大きな樹木(コハウチワカエデ)を植え、中庭に面した3方の屋根をすり鉢状の形態とし、屋根(2階)は外周部のコアから片持ちで張り出した。

樹の形状にそった屋根は大きな空を切り取った様な形になった。

街(公)に対しても、住人(私)に対しても切りとられた大きな空は存在し、大きな樹は季節により街にも住人にも彩りを与える。

屋根にはレッドシダーのデッキ材が張られ、樹木の成長と共に、風化し自然ととけ込んでいく。

大きな樹木のある中庭のまわりで、立体的に空間が展開する、住宅全体でピクニックをするような大らかな建築となった。

いい家!
3

この家がいいと思ったらクリック!

この事例のコンセプト

手掛けた建築家

武藤 圭太郎

武藤 圭太郎

住む人の個性が表れてこそ長く愛せる建築になる。 敷地のポテンシャルやクライアントのご要望を読み解きながら、毎回何十個にも及ぶ模型を作りながら検討を行い 世界に一つだけの建築をご提案します。 ハウスメーカーや工務店が行っている様なその時の流行だけ追ってデザインするのではなく、 二十年、三十年先にも新しい発見を得たり、豊かさを感じる、そんな力強い建築をつくり続けていきたいと考えています。

所在地

岐阜県岐阜市今小町

資料請求

専門家のことをもっと知るため、まずは資料請求してみましょう。作品集やカタログ、会社概要など、資料の内容については専門家にご確認ください。

こんな相談ができます(匿名)

住宅事例や対応エリア・金額感についての質問や、打ち合わせの日程や内見同行の相談など、匿名で問い合わせ可能です。

武藤 圭太郎さんのそのほかの住宅事例

RENOVATION M

マンションリノベーション・リフォーム

600万円 / 55㎡

もっと見る

この住宅事例を見ている人におすすめ

もっと見る

この住宅事例に関連するキーワード

武藤 圭太郎

建築家 / @岐阜県