注文住宅

CASE 493 | 熊取の住宅

内容:

間口約5m×奥行約20mの細長い敷地に建つ住宅。建物向かいには、重要文化財にも指定されている緑豊かな旧家が建っていることから、その景観を建物内から楽しめる空間造りも考慮して設計されました。内部には、プライベート性の高い部屋を5つの箱に納め、それぞれの箱に隙間を設けることで、どこにいても旧家を感じ取ることができるプランを計画。中でも、2階に配したふたつの箱は、まるで宙に浮いているかのような配置に仕上げ、一般的な住宅にはない特殊な空間を生み出しています。

設計監理:フリーダムアーキテクツデザイン
施工場所:大阪府泉南郡

玄関から二階フロアへ。他の住宅にはない二階フロアです。三角屋根で、木のぬくもりを感じられる空間。外の景色も眺めることができるよう工夫されています。

二階部分に上がるとスペースが。開放感があります。

このプロジェクト事例を手掛けた建築家

フリーダムアーキテクツデザイン

建築家 / @東京都

白紙の設計図面に、最初のインクをのせるのは、まずあなたに会ってからです。先入観なく、固定概念もなく、あなたの土地と、あなたの住まい方を知ってからです。言葉にならない夢をお持ちなら、ひとつひとつ解決しましょう。 すべてを白紙からご一緒に。 はじめまして。 私たちは自由という名の設計事務所です。

この専門家のそのほかのプロジェクト

このプロジェクト事例に関連するキーワード