写真の説明を固定表示

(OFFのときは写真にマウスオーバーで表示)

いい家!
4

この家がいいと思ったらクリック!

関わり方

設計

用途

自宅

居住者

家族(子供1人)

所在地

岐阜県

延床面積

117.01㎡

階数

平屋

実家の畑をつなぐ広場の様なリビング

両隣をご実家の畑に囲まれた土地にこの住宅は計画された。

南側の祖母やお父さんが管理する畑が広がり。北側には小さな畑と祖母の家、その更に北側にはご両親が住む母屋が有る。

造園を仕事にするご主人が 設える庭と一体になった開放的なリビング、車2台分のガレージが欲しいという要望を受けて、大きな片流れの屋根と壁をナナメにするプラン、間口一杯の引き込み窓を提案した。

これにより、2つの畑をつながぐ土間の様な空間が出現した。

柱の無い8mの開口部と駐車場の5mの片持ち屋根は、建物も長手方向15mに通した2本の鉄骨梁を架けることによって実現した。

駐車場はナナメの壁により、2台分の効率的な配置が可能になった。

リビングは南側に向かって壁が広がり、南側を向くと壁の存在が消え、人、家具、造園、その向こうの畑までそれぞれが等価に意識の中に現れる。

南側に下がった屋根は夏の日射を遮るとともに、意識を庭や畑が有る地面に向ける。

開口部のコンクリートのベンチは床の付近に影をつくり、開口部に現れる風景を鮮やかに切り取る。

コンクリートのベンチは更に南側に伸び、屋根の有るテラスになり、先端では畑に向かったベンチになる。

リビングは北側を向くと天井が上がり、キッチンの向こうのすぼまった窓の向こうが祖母の畑とつながる。

グレーに染色したバーチ合板の床やコンクート製のキッチンは畑に囲まれた広場の様な雰囲気を作り出し、外部と連続した鎧張りの米ヒバの壁は光や樹木の影に奥行きを与える。

南側のコンクリート製のベンチや床の段差に座ると、台形の平面が生かされ向かい合う様な雰囲気が生まれる。

平面的に斜めに振った壁と片流れの屋根というシンプルな構成によって、周辺の環境を生かしたおおらかな住宅となった。

いい家!
4

この家がいいと思ったらクリック!

この事例のコンセプト

手掛けた建築家

武藤 圭太郎

武藤 圭太郎

住む人の個性が表れてこそ長く愛せる建築になる。 敷地のポテンシャルやクライアントのご要望を読み解きながら、毎回何十個にも及ぶ模型を作りながら検討を行い 世界に一つだけの建築をご提案します。 ハウスメーカーや工務店が行っている様なその時の流行だけ追ってデザインするのではなく、 二十年、三十年先にも新しい発見を得たり、豊かさを感じる、そんな力強い建築をつくり続けていきたいと考えています。

所在地

岐阜県岐阜市今小町

資料請求

専門家のことをもっと知るため、まずは資料請求してみましょう。作品集やカタログ、会社概要など、資料の内容については専門家にご確認ください。

こんな相談ができます(匿名)

住宅事例や対応エリア・金額感についての質問や、打ち合わせの日程や内見同行の相談など、匿名で問い合わせ可能です。

武藤 圭太郎さんのそのほかの住宅事例

もっと見る

この住宅事例を見ている人におすすめ

もっと見る

この住宅事例に関連するキーワード

武藤 圭太郎

建築家 / @岐阜県