注文住宅

Y邸新築住宅

面積:

120㎡

エリア:

福井県坂井市春江町

実施時期:

平成24年1月末年

内容:

長期(100年)優良住宅認定を受けた木造住宅であり、当時フラット35S(20年金利1%低減)を受け、国の「木のいえ整備促進事業」から助成金を交付されました。
※福井県で始めての、オープンシステム(分離発注)による長期優良住宅

床面積 1階床面積69.56㎡2階床面積50.51㎡3階床面積- - -㎡延べ床面積120.07㎡
工 法 構造 HSS工法 / 耐震等級2 / 省エネルギー対策等級4

床:床下高性能断熱材を入れ、フローリング張り(床下収納堀コタツ設置) 内壁:珪藻土コテ仕上げ(調湿用) 天井:MUSHU[ホタテ貝殻粉天然塗装]シックハウス原因物質の吸着分解/消臭効果/吸放湿性/抗菌性に優れた効果があります。

床:床下高性能断熱材入り。内壁:珪藻土コテ仕上げ(調湿用) 天井:MUSHU[ホタテ貝殻粉天然塗装]シックハウス原因物質の吸着分解/消臭効果/吸放湿性/抗菌性に優れた効果があります

屋根下に高性能断熱材を入れ、一部木造梁材を露出させることにより、ペンション風に設計しました。上げ下げ窓(通風窓)を各面に配置して、風通しをよくしています。

二重複層ガラスの中に、インナーブランイドを付けて、採光の調整と目隠しを演出します。外部に竹垣で囲んだ坪庭を配置すれば、温泉旅館気分です。200vの天井埋め込み乾燥機を設置して、室内で衣類を乾かすことができます。

将来太陽光発電パネル設置を想定して、屋根の形状を計画しました。屋根と外壁下地に日射遮熱材を入れて、夏季の輻射熱による室内の温度上昇を防止しています。

この住宅事例を手掛けた建築家

惠藤 裕紀

建築家 / @福井県

これから社会や自然の環境が大きく変化していく中で、建物も「フローの時代(解体→新築)」から「ストックの時代(修繕・リフォーム)」に変わり、建物やその他の資産を恒久的に経済的に経営運営することは、益々重要な事となってまいりました。 このような現状のもと、建物の維持管理の問題や、拡張・改善計画及び行政指導などがあった場合、誰に相談してよいのか困ってしまう方もいらっしゃるかと思います。 当、一級建築士設計事務所なら、各専門家のブレーンと提携して建築に関する無料相談をおこなっております。詳細なご質問はもちろんの事、世間話程度のご相談も…どんなお話も同じスタンスでお伺いたします。是非お気軽に電話・FAX・携帯までご連絡下さい。

惠藤 裕紀さんの住宅事例

惠藤 裕紀さんのそのほかの住宅事例

この住宅事例に関連するキーワード