注文住宅

IZ HOUSE

面積:

130㎡

エリア:

東京都杉並区

実施時期:

2007年

内容:

広間を中心とした住環境

都心から少し離れた住宅地にある、両親と子供の4人家族のための住宅。友人を招くことが大好きな家族で、いつでも気軽に立ち寄ってもらえ、明るく開放感のある住環境を望まれました。
そこで、家族と友人がともに過ごすことができる場所として、広間を家の中心に据えました。広間は1階の玄関に面した場所に据え、中庭と一続きになった多目的空間となっています。
2階には家族の部屋が面したLDKが一体となった広間があり、1階と2階の広間は大きな吹き抜けによって繋がれています。2階にまたがる広間は、色々な関わりあいを生み出す空間となっていて、1階と2階で繋がるこの広間は住宅内でのパブリックなエリアとして位置付けられます。
広間を中心に個室や外部空間を配置した住環境は、単純な構成でありながら、家族や訪れる人々とのコミュニケーションの場となり、家族のライフスタイルを支えます。

この住宅事例を手掛けた建築家

浜田幸康

建築家 / @東京都

ひとつとして同じ条件のものはない依頼内容に対して、いつも緊張感と期待感を持って臨みます。経験や思いつきを過信することなく、クライアントとの会話から本当に求められるものを見つけます。設計という仕事に軸足を置きながら、既成概念にとらわれずにプロジェクトの可能性を追求します。

浜田幸康

建築家 / @東京都

浜田幸康さんの住宅事例