注文住宅

螺旋階段の家

面積:

99.42㎡

エリア:

東京都町田市本町田

内容:

町田市郊外に建つ螺旋階段のある小さな住宅です。家族構成は5人で、小さいながらも広い空間を感じながら生活をしたいとの要望でした。そのためにも諸室による細かな分節はせず、変わりゆく暮らしにフレキシブルに対応できるよう、床面積いっぱいに大きな室を2層積み上げた空間構成としました。螺旋階段は2層に渡るアクティビティーを象徴する存在としてデザインしています。空間全体は白と白木を基調とし、広いイメージを妨げないように配慮しています。
結果非常に無駄なくシンプルな設計となり、恣意性がなく自然発生的にモダンな住宅デザインとなったようです。

・戸建専用住宅(新築工事)
・第一種低層住居専用地域
・敷地面積 125.24㎡
・建ぺい率 40%
・容積率  80%
・建築面積 49.71㎡
・延床面積 99.42㎡

プランに応じた素直な立面形状とし、この家の「素」を表現したいとの思いで白い外装としました。肩肘張らない自然な感じのモダンになれば良いと考えています。

この住宅の中にあって、唯一フォルムを与えられた螺旋階段。大きな間取りの上下階を結び、家族のアクティビティーを象徴的に現してます。

白い壁際の螺旋階段。このような視点で見ると階段の機能性が際立ちます。

どこからでも螺旋階段が見え、自然に家族の往来を感じられます。

天井、梁、壁、床、窓とボキャブラリーがそのまま現われていて、判りやすくアッケラカンとしたインテリアです。

階段室吹き抜けの開口が、螺旋階段を光で充たしてくれます。

階段の踏板は24ミリ厚のMDFを使用しています。白木のような素材感を持ちながら、木を抽象化したような質感はなんだかとてもモダンです。ノンスリップとしてアルミのFBを打ち込み、クリア塗装を施しています。

全体がシンプルなだけにスイッチ一つに表情を感じます。このトグルスイッチはとても可愛いです。

玄関を開ければ、目の前に螺旋階段が現れます。

この住宅事例を手掛けた建築家

松山邦弘 / M D A

建築家 / @東京都

*毎日を爽やかに清々しい気持ちで過ごすことができればどんなに良いことでしょう。日々の生活の中で住宅はそのような暮しを醸成し、安らぎや喜びの基盤であって欲しいと考えています。場の潜在的な可能性に建主の想いを吹き込み、そんな「暮しのステージ」を提示することが我々の仕事であると考えます。プロとしてその実現のお手伝いができれば幸いです。 *住まいの拘りや夢を、ワン&オンリーなかたちで実現させたい方々も多いと思いますが、マスプロダクトが大きな市場を占める昨今の住宅産業の中にあって、その道筋をエンドユーザーの立場からは捉えにくいのが現状です。ここで出会える方々は、少なくともその糸口をつかみ前へ進まれている方々だと思います。まずは些細なことでも、ご縁ができますこと楽しみにしています。 *商業施設・ホテル・オフィス・銀行・宗教施設などの多くのプロジェクトに携わってきました。規模に関わらず、どのような業態のご相談でもかまいませんので、お気軽にお声がけください。

松山邦弘 / M D A

建築家 / @東京都

松山邦弘 / M D Aさんの住宅事例