注文住宅

横浜の家

実施エリア:

神奈川県港北区新吉田町

延床面積:

177.27㎡平米

内容:

外資系アパレルブランドの役員の方の住宅であり、横浜郊外の市街化調整区域に位置する旧宅を取り壊し、新築するという計画です。
市街化調整区域と聞き比較的寂しい立地を想像していましたが、近隣には多くの住宅が建っており、アップダウンのある環境の中に閑静な住宅街を形成しています。
家族構成はご夫妻とお嬢さんお二人の4人家族です。
特にご主人の拘りとして、紺色(ブルー系の色彩)をデザインに取り入れてほしいというご要望があり、空間のポイントとなるエレメントにはブルーマテリアルを選定し、ただの色彩にならぬようその質感に配慮しながらデザインを進めています。必要な諸室と機能を計画し、居間の暖炉のデザインなど、多くはこちらからの提案に対し柔軟なご理解をいただけ、ブルーをポイントとした住宅が完成しました。

・戸建専用住宅(新築工事)
・第一種低層住居専用地域(市街化調整区域/既存宅地確認申請適用)
・敷地面積 468.49㎡
・建ぺい率 50%
・容積率  80%
・建築面積 116.08㎡
・延床面積 177.27㎡

南側の外観

木造在来工法の住宅ですが、それを意識させないモダンな外観となりました。ダイニングの大型両開きドアから外部テラスにつながるプランとしています。

夜景/ダイニングルームを見る

ダイニングの大型開き戸を開けたところです。暮らしを額縁で切り取ったような印象を受けます。

ブルーカラーがポイント、勾配天井のリビング・その1

エレメントにはクライアントのリクエストであるブルーマテリアルを。ダイニングにはブルーゲートを通りアクセスします。

ブルーカラーがポイント、勾配天井のリビング・その2

勾配天井にはトップライト、正面は玄関ホール越しの自然光、左手にテラスのからの明かりと、リビングには様々な光があふれます。

家族4人のためのオリジナルダイニングテーブル/ダイニングルーム

オリジナルのダイニングテーブルです。クライアント選定の椅子に合せてデザインしました。その他ほとんどの家具はオリジナルでデザインしています。

階段室からダイニングルームを見る

階段室からダイニング越しにテラスを見渡すことができます。