戸建リノベーション・リフォーム

守口の住宅改修

内容:

守口の住宅のリフォームです。
バルコニー前の最も環境のよいエリアにリビングを配置し、LDK+バルコニーを室の中心軸に配置する事で、LDKからバルコニーまで一体的な空間利用が可能としています。
リビング天井とバルコニーの軒裏の素材を同じにする事で、内外が一体となった昔の日本建築の縁側のような、 視覚的な広がりのある空間となります。
間接照明をメインの照明とし、天井を照らすことで、天井が高く感じるようになります。 直接光とは違い柔らかく温かい落着いた照明計画となります。

この住宅事例を手掛けた建築家

坂本 貴克

建築家 / @大阪府

毎日の生活にその人も気づかない彩を添えたいと考えています。 例えば、すごく心地の良いレベル差だったり、すごく気持ちのよい位置に窓が空いていたり。 そんな空間で何十年も生活した人は幸せになれる。そんな空間を提案したいと思います。 機能や性能を無視したデザインをするのでは無く、要求や性能を満足させた上での手法として 美しいものづくりをしたいと考えております。

坂本 貴克

建築家 / @大阪府

坂本 貴克さんの住宅事例