注文住宅

『コンセント』空間を最大限確保した廊下がない住まい

実施エリア:

千葉県市原市

内容:

定年を迎えた夫婦のための築40年になる家屋の建替えである。

コンセプトはふたつ。建て主の住まいの記憶を横滑りさせることと、住宅における行為のための空間を最大限確保することにあった。
深い軒やそれを伝う雨の雫、光の入る時間や方位、南面の大開口、座敷の存在や各空間の距離や奥行き等、家族が暮らしてきた家の記憶をテクスチャーやサーフェイスと関係なく、計画に反映している。こうした操作は生活行為の継続を可能にするだけでなく、家が持ち得る気配や記憶をも継承することとなった。

計画は、凸凹した4つのブロックを機能とスケールに対応して配置している。各空間は異なる仕上材で壁を覆い、かつインターフェイスを扉のみとすることで自立性を高めている。同時に凹凸の壁面が表裏を決定するため、隣り合う空間を身近かに感じ、ひと続きの空間に距離を与える。
この家には廊下がない。パブリックとプライベートを緩やかに分節し、移動を行為のための空間にとりこんでいるからである。

またこの住宅は、息子夫婦との同居を想定してもいる。「家族」という形式と包摂のありかたについて、住宅が出来うること、つまり、空間の分節と距離の操作は、このためにもある。